妊娠・出産・育児の情報サイト


予防接種前に水疱瘡に感染!頭や陰部に赤い斑点が出て痛痒そう…

f:id:akasuguope01:20170321161458j:plain

「水疱瘡」はよく子供がかかる病気として聞く言葉です。今は、予防接種が定期扱いになり、予防接種を受ける子供も多いと思います。

水疱瘡の予防接種は1歳を過ぎると受けることができますが、我が家の次男は8ヶ月の頃に水疱瘡にかかり、予防接種を受けなくてもよくなりました。どこから水疱瘡のウィルスをもらってきたかというと、3歳の姪っ子が水疱瘡と同じウイルスによって起こる帯状疱疹になり、気づくまで一緒に過ごしお風呂も一緒に入っていたのが原因です。


次男の水疱瘡に気づいたのは、起床後でした。夜、お風呂上がりにお腹辺りに赤いポツっとしたものが2、3個出ていました。姪っ子と一緒にいた甥っ子も水疱瘡になったという話を聞いていたので、「もしかしてうつった?」と思いました。すると翌朝には、顔から全身にかけ、ポツポツと小さな斑点や、中心部が白くポツっとなったやや大きめの斑点がたくさん出ていました。

「完璧水疱瘡だ!」と思い、小児科に連れて行きました。診断はやっぱり水疱瘡。特別な処置はなく、痒み止めの飲み薬と、白い絵の具のような塗り薬が処方されました。

日に日に赤い斑点が多くなり、頭や陰部にも出てきて、痛痒そうでした。息子も、痒いのかグズグズし機嫌が悪い日が続きました。水疱瘡で、何が1番大変だったかというと、塗り薬を塗る事でした。塗り薬は、白い絵の具のようなもので、乾くまで時間がかかり、また乾くとカピカピになる薬でした。

はいはいやつかまり立ちをし、じっとしている事がない8ヶ月の息子に、薬をしっかりと塗るのは至難の技でした。

ですが、しっかり塗らないと、水疱瘡の汁がでて他のところにもまたうつると言われていたので必死でした。扇風機やドライヤーの風を当て乾かしたり、顔には寝ている時にこっそり塗ったりと色々試しました。

念入りに薬を塗ったおかげか、息子の水疱瘡は1週間ぐらいで落ち着き瘡蓋になってきて、2週間ほどで跡残らず綺麗に消えました。

予防接種を受けてなかったのでどんなにひどくなるのだろうと不安でしたが、幸い我が子は並程度に終わりホッとしました。

f:id:akasuguope01:20170321155555j:plain

著者:二児Mama
年齢:23歳
子どもの年齢:2歳8ヶ月、1歳4ヶ月

年子の男の子の母です。元気いっぱいの息子たちの育児に奮闘中です。産休育休後、共働きなので忙しく大変な毎日ですが、楽しく幸せな毎日を送っています。息子たちの笑顔に支えられ、一生懸命に頑張っています。年子ならではの出来事、仕事と育児の両立などみなさんと共有できればいいなと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。