妊娠・出産・育児の情報サイト


買わなきゃよかった!たった2週間で物置になってしまったベビーベッド

f:id:akasuguope01:20170728171120j:plain

1人目の妊娠が発覚し、私がベビー用品を揃え出したのが妊娠7ヶ月頃。洋服やタオル類、沐浴セット、チャイルドシートと次々に赤ちゃんに必要なものを集めていきました。1番最後に買ったのが、タイヤが付いていて移動できるベビーベッドです。

ベビーベッドを置くために寝室やリビングの模様替えをして、届くのを待ちました。そしてベビーベッドが到着、旦那に組み立てをお願いしてメリーをつけて完成です。これで全部のベビー用品が揃った!と大満足です。あとは赤ちゃんが産まれるのを、ワクワクしながら待つだけだと安心していました。

そして、無事赤ちゃんが産まれ帰宅。さっそくベビーベッドに赤ちゃんを寝させて、メリーを鳴らしてあげました。移動ができるベッドなので、リビングや寝室に移動させては大活躍していたベビーベッド。買ってよかった!と思ったののですが、実はそれは退院後たった2週間だけだったのです。

退院後の2週間は、寝たらベビーベッドに置いたり、起きているときもベビーベッドに寝かせてみたりしていたのですが、3週間もたつと「背中スイッチ」が作動し始めたのです。

寝たと思ってベビーベッドに寝かせるとすぐ泣いてしまったり、起きている赤ちゃんをベビーベッドに置くとまたまた泣く……。このスイッチによって、赤ちゃんを横にする時間が減りました。

自分も日中横になることが少なくなったせいか、座って授乳することが疲れるようになり、添い寝しながらおっぱいをあげるように。添い寝しておっぱいをあげることで、赤ちゃんがそのまま寝てもそっとおっぱいを離すだけになります。

抱っこで授乳して、赤ちゃんが寝てからベッドに寝かせるよりも、背中スイッチが発動せずに寝てくれるのです。 添い寝なので、赤ちゃんは私たちのベッド、または座布団で一緒に寝ることが多くなり、ベビーベッドを使うのはゼロに近いほどになってしまいました。

そして、使わないベビーベッドは置物になってしまいました。場所も取るため、出産して1ヶ月たった頃にはもう、物置にしまいこんでしまったのです。

関連記事:赤ちゃん返りの兄と新生児のお世話にヘトヘト。でもよく寝る子で助かった!

 

2人目を妊娠したときは、1人目に踏まれたりするのを防ぐために、一応物置からベビーベッドを出して組み立てました。しかし、2人目が産まれる前から、ベビーベッドは登られたり、上から飛び降りたりと1人目の遊び道具になってしまいました。

2人目を出産し、赤ちゃんと退院してベビーベッドに寝かせておいても、1人目が登ってきてかえって危なかったのです。退院して3週間後には、1人目同様にベビーベッドを使う機会がなくなってしまいました。

我が家ではベビーベッドはいらなかったようです。 値段も安いわけではなかったので、購入しなくてもよかったかなと思いました。

f:id:akasuguope01:20170728171251j:plain

著者:かな6
年齢:29歳
子どもの年齢:0歳、3歳、7歳

3児のママをしています。3人とも男の子で、毎日小さな怪獣達と葛藤しています!自分の体験談や子0歳、3歳、7歳の供の情報を、みなさんと共有しあえたらいいなと思います。主にわたしが育児中に起こった出来事を書いていきます。よろしくお願いいたします。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。