妊娠・出産・育児の情報サイト


だって女の子だもん

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

子どもが産まれたら思い出を残すためにたくさん、それはもうたくさん写真やらビデオを撮るぞ!と、大半のご夫婦が思われるかと思います。もちろん私もその一人です。

最初の思い出となるのは子どもが産まれる瞬間。主人には立会いの上ビデオ撮影をお願いしていました。妊娠後期にお産のシーンを何度もイメージしているとき、ふと、子どもの感動的な誕生の瞬間。子どもの人生が始まる瞬間。その記録として映るのは子どもだけじゃない…私もだ!!!と思いました。

そしてそんな自意識過剰な私は、臨月の大きなお腹でまつげエクステをしに行きました。(事前に臨月妊婦の施術をして頂けるか確認しました。)

あと、帰りに100均で描いた眉毛が落ちないようコーティングする商品も購入しました。

お陰様で、分娩台のうえの私は眉毛キリッ。まつげパチパチ。自分では納得のいく仕上がりでした。

多分、というか絶対誰もそんなところ見ないし気にしないのですが、私の中の女の子の心が記録には綺麗に残りたいと暴走しました。

将来子どもがお産のビデオを観た時、ママ可愛い!って言ってくれたらなぁ…と思ったりしています。

著者:くろみん

27歳。新米ママです。7ヶ月の娘を溺愛し親バカと言われることが幸せです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。