妊娠・出産・育児の情報サイト


ラッキー!と思ったら…まさかのつわり開始

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

眠気はあるものの、マイナートラブルや体調の悪さを感じることもなく過ごしていた妊娠初期

つわりも全くなく「ラッキー!」と思っていたら、ある晩突然、胃の辺りが気持ち悪くなってそのままリバース。ぐったり。

さらに、それを見た旦那さんが「吐いちゃうってつわりっぽいね」となんだか嬉しそうにニヤニヤしているので頭にきて軽くケンカ…。

次の日からは何か食べると胃の辺りが気持ち悪くなってリバースの繰り返し。

「こればっかり食べたくなる」、「食べられてたものが食べられなくなる」といったことはなかったけれど、とにかく食べることが大変でした。

そんななか食べても気持ち悪くならなかったのはトマトとキウイやイチゴなどのフルーツ、そして干し芋。冷蔵庫には常にトマトを大量にストック、お気に入りの干し芋も見つけ、食べられるときに少しづつでもちょこちょこ食べるようにしていました。

私のつわりは思いの外長く2ヶ月以上続いて辛かったですが、旦那さんや同居はしている義両親のおかげでどうにかやり過ごし、乗り越えました。

つわりは辛いけど、赤ちゃんがちゃんとお腹の中で生きて成長している証だと思って耐えました。

いま妊娠後期になり、赤ちゃんがお腹の中にいてくれるのもあと少しかと思うと少し淋しい気もしていて、いま元気にお腹を蹴っている赤ちゃんが成長するのに必要な期間だったんだなーと思うと、つわりも懐かしく感じます。

著者:245

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。