妊娠・出産・育児の情報サイト


スーパースピード出産!ありがとう、ひいおばあちゃん

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

第一子も、陣痛から出産まで5時間という安産だった私。

 

健診のときから助産師さんに

『二人目だからもっと早くなるかもね、遠出しないでね~』なんて言われていました。

 

実際37w間近になると、子宮口あたりがチクチクと痛むことも増えてきていて、診察でも赤ちゃんは下の方にいるね、、、といった様子でした。

 

そんな36w6dの日、悲しいことが。

お腹の子には曾祖母にあたる、主人の祖母が他界しました。

 

女系の家族で、ひ孫は女の子ばかりのひいおばあちゃんは、お腹の子が男の子とわかったときに誰よりも喜んでくれていました。

病院のベッドで意識が朦朧とする中、ひいおばあちゃんにお腹をさすらせ

『まだ死んじゃだめだよ!だっこするんでしょ!』と、何度も声をかけました。答えはなくてもきっと言葉は届いていたと願っています。

頑張ったひいおばあちゃんでしたが、その後息をひきとりました。

 

翌日からは葬儀への準備でした。

お腹の大きい私は自宅待機でした。

37w1dの健診時、子宮口が3センチ開いているとのことでした。

その健診から15時間後、、、

夜中の3時に腰の痛みが。

まだ陣痛じゃないだろうなーとのんきに携帯ゲームをしていました(笑)

それから15分ほどして、babyがお腹の中でかつてない動きをしました。

「ガキュッバチッ」と言うような音をお腹の中で感じた直後、猛烈な陣痛が襲ってきました。

歩くのも精一杯、自分の中でも突然の陣痛のすすみにパニックになりそうでした。

なんとか主人を起こし、上の娘を起こし病院へ。

 

駐車場からはもう車椅子でした。

 

そして分娩台にあがり、助産師さんには『まだいきまないでー!』と言われながらもすでに子宮口は全開。『むりむりむりー』といきんでしまったらそのままツルンと誕生、直後オギャーとの声が!!!

バッタバタの中、4時12分出産でした。陣痛時間は、、、一時間たってない!?!?という、超スピード出産でした。

 

せっかちで勢いのよかったひいおばあちゃん。

お腹の中で、babyを押し出してくれちゃったのかなー?

ほんとに会わせてあげたかったです。

抱っこしてほしかったです。

 

きっとこれからは天国から見守ってくれていると思います。

この子達がスクスク育ちますように。

ありがとうひいおばあちゃん。

 

著者:このちん

二児のママです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。