妊娠・出産・育児の情報サイト


私立・公立でこんなに違う幼稚園。費用・設備・通園手段…何を重視して選ぶ?

f:id:akasuguope01:20170724102459j:plain

私は、2人目の妊娠を機に仕事を退職しました。

妊娠中に考えていたのが、産まれてくる娘の幼稚園費用です。いずれ幼稚園に通う年齢に達する日がやってきます。いざ幼稚園はどこにするか、選択を迫られたとき、私立にすべきか公立にすべきかを悩むことになると思いました。

2人目が産まれると、育児に追われるので幼稚園について考える時間すらなくなります。比較的時間のある妊娠中のいまだからこそ、情報収集してみようと考えました。

そもそも私立と公立の違いは何なのか。まず1番に思い浮かぶのは「費用」です。どれだけ費用に違いがあるのか、私が住む地域の幼稚園で調べてみました。すると想像以上に費用の差があることに驚きです。私立の場合、ひと月にかかる平均費用が約3~4万円です。公立の場合は、月平均が1万円以下という驚きの事実が発覚しました。年間にすると30万円以上もの差があるのです。

もかく幼稚園費用を安く抑えたいなら、公立を選ぶべきだと感じました。

費用面の負担が大きい私立ですが、公立に比べて施設が充実しいるなどメリットもたくさんあります。しかし、私は費用面を優先し地元の公立幼稚園を志願することにしました。

実際に娘が幼稚園に入園する年がやってきました。予定通り志願しましたが、志願者が多いため抽選になるとのこと。ドキドキしながらくじを引きましたが、見事当たりを引くことができ一安心です。

実際に入園してみると「のびのびした教育で娘に適している」と感じました。しかし、バス通園がない、絵本の読み聞かせ当番、掃除など親の出番が多くて大変な部分も。


また、幼稚園によりますが、私立に比べて保育時間が短いのも特徴です。娘が通う幼稚園は、月曜日と金曜日は午前保育、その他はお弁当を持たせて午後2時降園です。幼稚園へ連れて行ったかと思えば、すぐにお迎えに行く日々を送るため、外に働きに出るのは難しいと感じています。

その反面、私立では給食やバス通園、預かり保育を実施しているところもあります。これならば、働くという選択肢も選べます。

 

公立と私立どちらもメリット、デメリットがあります。なにを優先したいかを吟味したうえで決める必要があると思いました。私立幼稚園を選んだママさんは、働いている方が多いイメージがあります。子どもが幼稚園に入るころ、自分が働く働かないかによっても選択肢が変わるのかもしれません。
私は費用面でしか比較しなかったのですが、仕事をするのかなどライフプランが関わってくることなので、赤ちゃんの頃から早めに調べておいた方がいいと思いました。

f:id:akasuguope01:20170722213332j:plain

著者:ヤングマン
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳、6歳

3歳の娘が幼稚園に入園し、ようやく一息つけるようになりました。自分の時間が持てる幸せを噛みしめている今日この頃です。心に余裕が持てると、育児や家事が効率よく回せる気がします。週末は家族そろって外遊びに夢中です。アラフォーママですが、子どもの元気についていけるよう日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。