妊娠・出産・育児の情報サイト


怖くてたまらなかった出産は意外と平気だったのに、産後の方が辛いだなんて!

f:id:akasuguope01:20170728172041j:plain

時には母子ともに危険なこともある、というイメージが強くてとても怖かった出産。私がもともとは強く出産を望んでいるタイプではなかったからか、出産の危険が怖くてたまりませんでした。それは妊娠してもあまり変わらず、つわりや過食に苦しみつつも、迫りくる出産の瞬間がいやでいやでたまりません。

しかしいざ陣痛が始まると落ち着いたもので、「あー、来た来た来た」と、自分でもおどろくほど冷静になったことを覚えています。
 
陣痛が来たのは夕方過ぎ。幸い主人が休みの日でした。そこから10分間隔になるまで2時間ほど。陣痛は波があるので、波が引いている時は主人と冗談を言い合うくらい気楽なのですが、10分間隔にまでなると脂汗が出るほどの痛みに。
 
初産だったのもあり、のんびりとそこから産院に向いました。

しかし、入院すると同時に破水陣痛室は通り過ぎてすぐに分娩室に入りました。
それまでは歯を食いしばって唸るぐらいの痛みだったのが、たまらず大きな悲鳴が出るほどの痛みと「いきみたい」という感覚。この時点で産院に入ってまだ30分だったにもかかわらず、助産師さんが「子宮口全開です、次からいきむよ」と言うので驚きました。
 
すぐに複数の助産師さんや産科医の先生に囲まれ、色々な器具を付けられたり、太い点滴を打たれたり。そこから出産はまた早く、5回ほどの陣痛赤ちゃんを無事出産。出産の際には一回だけ「すこし切りますよ」と会陰切開されたのですが、それ自体の痛みは全くありませんでした。

スピード出産だったこともあり、何が何だかわからないまま、怖いと思う間もなく終わってしまいました。
 
出産も終わり、産科医の先生が「縫合しますね」と麻酔を打ち処置をしてくださいました。
 
ですが、確かに会陰切開はされましたが、知る限り一回だし、そもそもすぐに赤ちゃんが出て来たのでそう何度も切った記憶はありません。なのに、縫合に30分以上かかったのです。想像に難くはないのですがスピード出産だったこともあり、かなり破れていたようです。
 
痛みに苦しむのは実はここからでした。出産後、部屋に入ったのですが、トイレにいくためにどうしてもベッドから立ち上がる必要があります。産褥パットを何枚も重ねていたにも関わらず、出血が多かったようで、何度も床を血で汚してしまいました。
 
他のママさんたちが円座を使いながらも椅子に座っている中、私だけは全く座ることが出来ずに、変な姿勢で食事などを取ることになってしまいました。
 
また後陣痛もかなり痛みが強く、赤ちゃんにおっぱいをあげる時は勿論、普通にしていても下半身の痛みで眠れないほど。あまりに痛いので、おっぱいに影響の少ないという鎮痛剤だけ処方されました。
 
しかしまさか、出産よりも出産後の痛みの方が大変だなんて、誰も教えてくれなかったです。

f:id:akasuguope01:20170728171708j:plain

著者:あきこ
年齢:34歳
子どもの年齢:10ヶ月

結婚したものの妊娠できずにずるずる数年…「いつかできるといいな」と深く考えていなかったこともあって、結婚後7年という少し遅い妊活をスタート。1年がかりで待望の赤ちゃんを授かり、でてきた可愛い男の子の毎日にメロメロになりつつ、常に寝不足に悩まされながら日々を過ごす新米ママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。