妊娠・出産・育児の情報サイト


「あ、今お腹蹴った!」って言ってみたかったのに…。出産まで胎動がわからなかった

f:id:akasuguope01:20170725092203j:plain

妊娠が判明し、すぐに思い浮かべたのがよくドラマでも目にする「あ、動いた!」と言ってお腹をさすったりするシーン。夫に「ほら!蹴ったよ!」とか言ってみたいなあ、などとベタな夢も抱いておりました。

胎動を妊婦の醍醐味とすっかり思い込んでいた私は、お腹にいる我が子がいつお腹を蹴ってくれるのかと待ちわびていました。育児書や雑誌にはだいたい早くて16週ごろから胎動に気がつく人も出てくるとのこと。

 

つらい吐き悪阻も胎動を楽しみに耐えていた私。しかしお腹の我が子は16週になってもうんともすんとも言いません。

初産の場合、胎動に気付きにくいとの情報もどこからともなく耳にしていたので、のんびり待つこと早20週。未だ「あ、蹴った!」なんてはっきりわかるお腹の反応はなし。腸が動いてるだけのような動きでも、胎動を待ち望むあまり「きっと赤ちゃんね!」とむりやり思い込んでいたものです。

そんな動きの少ないお腹のまま週数を更に重ね、妊娠30週を過ぎた頃から、胎動カウントなるものを先生から課せられるようになりました。

赤ちゃんの胎動が始まったら10分間で何回胎動があったかを数えるこの胎動カウント。そもそも胎動かどうかもはっきり分からない私には気が重くなるような課題でしたし、実際ほとんど動きがなく、先生に相談もしました。

すると先生にもちょっと胎動がなさすぎるね、と心配されモニターをつけて観察することにまで発展。あまり胎動がないことに危機感を抱いていませんでしたが、胎動はいわば赤ちゃんの元気のバロメーター。全く胎動がなかったり、いつもはある胎動が少ないなと思ったらすぐに病院で相談した方がいいと教えて頂きました。

 

モニター検査の結果、私の場合は何も問題がありませんでしたが、結局出産まで「あ、お腹蹴った!」とはっきり言えることは一度もありませんでした。 こんな私なので、友人が「お腹の赤ちゃんの胎動が激しくて夜も眠れない」と辛そうに語る姿に、少し憧れをいだいていました。

 

が、この時はまだ第二子の胎動が大変なことになるとは思いもしなかったのです。そう、2人目でやっと憧れの胎動を味わったと思いきや、成長してくるとお腹を蹴りやぶらんばかりのキック力!

子供によってやっぱり胎動も違うことを実感しました。

f:id:akasuguope01:20170725092429j:plain

著者:あき _22
年齢:31歳
子どもの年齢:1歳4ヶ月、7歳4ヶ月

転勤族の夫と二人の男の子と毎日がやがや過ごしております。ほぼ毎年引っ越しを繰り返し全国津々浦々行脚中。特技は英会話。だけど子供に英語で話すと嫌がられます、残念。将来はこども英会話教室を開くことが夢。暇な時間は宝くじ高額当選後の生活を考えることに費やしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。