妊娠・出産・育児の情報サイト


どう選ぶ?価格重視?わが家が選んだ新生児対応チャイルドシートはコレ

f:id:akasuguope01:20170728200405j:plain

出産準備品の中でも高額なチャイルドシートは、選ぶのに時間がかかりました。

私が知る限り、価格の相場は7千円~5万円程度。価格の幅が大きかったのが印象的です。当時は性能の違いなど、チャイルドシートの特徴すら分かりませんでした。まだ使ったこともない私にとって、優先する点は価格しかありません。どれくらいの価格の商品を買うかを悩みました。

初めて購入した新生児対応のチャイルドシートは、某メーカーの税込み1万円商品。広告に載っていたもので、価格とメーカーが購入の決め手でした。シートの素材は通気性のよい固綿。本体は4.3kgと軽量で、他商品と比べてコンパクトなのが特徴です。
 
狭い車内で取り扱いやすいタイプなので、サイドカーである軽四に取り付けることに。使ってみてよかったら、普通自動車用のチャイルドシートも同様にしようと考えました。
 
赤ちゃんが産まれ、やわらかい赤ちゃんを恐るおそるチャイルドシートに寝かせます。特に問題はなかったのですが、赤ちゃんの乗り降りがしづらいのがネック。回転するタイプのチャイルドシートの方が楽だと感じました。また背もたれの角度が固定なのも気になりました。平らなベッドの方が赤ちゃんにとって心地よいのでは?と感じたのです。
 
そこで長時間外出をする可能性のある普通車には、価格ではなく機能性重視のチャイルドシートを購入することに。個人的に気になったのは回転式のチャイルドシートです。回転するので赤ちゃんの乗り降りが楽。背もたれは平らになります。私がネックに感じていた点をすべて解決してくれるので、素直に欲しい!と思いました。
 
対象年齢は新生児~4歳まで。価格は3万円程度です。使用中のチャイルドシートに比べると値は張ります。しかし成長やライフスタイルにあわせて使い分けられると感じ、思い切って購入を決意しました。
 
使ってみると、断然使いやすさが違います。商品は値段なりであることを改めて痛感しました。新生児時期が終わり、1歳を過ぎてからも使いやすさを実感しています。一番の魅力は眠ったときにシートを倒せることです。とても心地よさそうに眠っている赤ちゃんを見ると、買ってよかったと感じます。
 
スーパーなど短時間しか乗らないサイドカーには安価なチャイルドシートを。長時間乗せることの多いメインカーには回転とリクライニングができるタイプを購入して正解でした。ライフスタイルに合わせたチャイルドシートを選ぶのがコツだと思います。

f:id:akasuguope01:20170722213332j:plain

著者:ヤングマン
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳、6歳

3歳の娘が幼稚園に入園し、ようやく一息つけるようになりました。自分の時間が持てる幸せを噛みしめている今日この頃です。心に余裕が持てると、育児や家事が効率よく回せる気がします。週末は家族そろって外遊びに夢中です。アラフォーママですが、子どもの元気についていけるよう日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。