妊娠・出産・育児の情報サイト


手の込んだ離乳食の写真をネットで見るたび落ち込んでしまう…。そんな私の肩の力が抜けた時

f:id:akasuguope01:20170728195114j:plain

子育てで私が苦労している中に「離乳食」があります。
長男の場合は、離乳食を始めたのは、6ヶ月頃でした。5ヶ月頃に一度始めたのですが、全く食べてくれる気配がなく早々に断念し、一ヶ月延ばしたのです。
 
それでも、長男の離乳食には苦労しました。食が細かった長男は、せっかく作った離乳食も何口か食べてそれで終わってしまうことが何度もありました。
初期の場合は、食材をくたくたに煮て、お湯を加えて裏ごしをしなければいけません。かなり手間がかかります。そんなやっとの思いで作った離乳食を食べてくれず、手で弾かれて床に落とした経験が何度もあります。
その度、やりきれない気持ちです。
 
「私のつくり方が悪いのだ」
「どうして、食べてくれないのだろう」
「こんなに毎日、苦労して作っているのに」
 
離乳食の時間が次第に苦痛になってきてしまいました。
長男が食べてくれないので、メニューの幅が広がらずワンパターンになり、さらにそれに息子も飽きてしまい、食べなくなる。そうすると、私のストレスも増えるといったように、悪循環に陥ってしまったのです。
ネットで他のママさん達の離乳食の写真を観たりすると、さらに落ち込みました。
可愛らしくアップされた写真や手の込んだ離乳食を見て、自分はダメなママだと責めたこともあります。
 
そんな私にでしたが、保健師さんが言って下さった言葉で離乳食への見方が180度変わったのです。
 
「ママが離乳食を楽しんでくれないと、食べる方の赤ちゃんも楽しくないよ」
「全部、手作りしようとなんて思わないで、ベビーフードを上手く活用したらもっと気持ち的に楽になるよ」
 
そう言って頂き、何だか肩の力が抜けたような思いでした。
私は、全部手作りしなくてはいけないと思い込んでいました。
そして、離乳食をあげる時も、息子に対して話し掛けたりせず、まるで単純作業のようにあげていたことに気付かされたのです。
それでは、息子も食べるのが楽しいはずがないと痛感しました。
 
その日から、ベビーフードを活用するようにしました。
ベビーフードはとても便利で、赤ちゃんとママのことを考え抜かれた商品なのだと知りました。
そして、離乳食の時間も積極的に話し掛けるようにし、たとえ一口でも食べてくれた時は思いっきり息子を褒めるように心掛けました。
すると次第に、息子も食べてくれるようになったのです!
 
初めて、離乳食を完食してくれた時は、思わず泣いてしまいました。
ママの気持ち次第で、離乳食の時間は楽しいものになるんだ!そう実感した体験でした。

f:id:akasuguope01:20170728192941j:plain

著者:tatto
年齢:27歳
子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠24週

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。
最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。