妊娠・出産・育児の情報サイト


眠るまで抱っこし続けるのをやめてみた!添い寝しながら語りかけているうちに変化が

f:id:akasuguope01:20170726104057j:plain

うちの下の子は、新生児~2ヶ月くらいまでは、睡眠のサイクルが安定しなかったのでとても大変でした。

生後1ヶ月になる前から早くも黄昏泣きがあり、夕方~夜にかけては抱っこしても授乳しても、何をしても泣いていて、寝かしつけるのに一苦労。

ネットなどで調べてみると、黄昏泣きは「一般的には生後3~6ヶ月頃」と書かれていたので、「これが6ヶ月になるまで続くのかな…」と思うと気が遠くなりそうでした。

産後のまだ体力が回復していない時期でもあったので、赤ちゃんがあまりにも泣いて寝てくれないときは、仕事から帰宅した主人にバトンタッチして、私は先に休ませてもらったりもしました。

 

泣きやまないときは、抱っこしてユラユラさせているのですが、眠そうになり、いったん目を閉じたと思っても、そこでユラユラをやめたり、布団に連れて行こうとすると、またパッチリと目を開いて大泣きをする…。

ひどい時には2~3時間に渡ってその繰り返し、夜寝るのが23時を過ぎることもありました。

 



でも、ある時、私はあまりにも疲れすぎていたせいか、急に開き直った気持ちに。「抱っこしても授乳しても泣くんだから仕方ない。泣きたいなら泣けばいいよ」と、赤ちゃんが眠るまで抱っこし続けるのをやめて、寝室の布団に寝かせて添い寝するだけにしてみました。

赤ちゃんが落ち着いて眠るまで、薄暗い中で赤ちゃんの手を握ったり体を撫でたりしていました。

 

れが良かったのか、いつの間にか、「夜に泣き始めたら、布団に連れて行って寝る時間」というサイクルが出来上がり、生後3ヶ月には、夜7時に布団に寝かせれば自然と眠るようになったのです。

おかげで、お昼寝の時でも抱っこが必要なくなり、眠そうだなと思った時に布団に寝かせればそのまま寝てくれるようになりました。

上の子は毎回抱っこしてスクワットしたりと寝かしつけに体力が必要だったので、それを思うとかなりラクです。

早寝なので、そのぶん朝も5時台には起きてしまい、「もう少し寝ていてほしいな」と思うこともありますが、そこまでは求めすぎかなと思っています。

 

 

赤ちゃんには個人差があり、「こうすれば必ずうまくいく」というものはないけれど、困ったことが起きても試行錯誤してみれば、その赤ちゃんにピッタリの方法が見つかるのだなと実感しました。

 

f:id:akasuguope01:20170726102833j:plain

著者:koge
年齢:36歳
子どもの年齢:4歳、0歳4か月

幼稚園年中の長女と生後4か月の次女の二人の育児に奮闘中。長女一人だった時とは違い、子ども一人ずつに向き合う時間がうまく取れないのが悩ましい所。子どもの前ではなるべく笑顔でいたいなと思いつつも、忙しくてイライラして、長女をつい叱ってしまい自己嫌悪に陥ることも多々あります。子育てって理想通りにはなかなかいかないものですね。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。