妊娠・出産・育児の情報サイト


「産んだほうが安全です」呑気に構えていた35週の妊婦健診…急遽、2日後に出産することに!  by ウラク

妊娠35週目の妊婦健診へ。
この日は土曜日だったので、夫も一緒に行ってくれました。 帝王切開での出産予定は38週。もう少しだねー、なんて話しながら向かいました。
1か月を切ったとはいえ、この時まだまだ心の準備はできていません…。
f:id:akasuguedi:20171031130844p:plain 


いつも通りの検診のあと、先生から一言。
f:id:akasuguedi:20171031131002p:plain
「ムスメちゃんは順調だけど、ムスコくんの体重がしばらく増えてない。」「これ以上おなかの中で育てるより、産んでしまったほうが安全です。産んじゃいましょう。」とのこと。
あともう少しだね~なんて呑気に構えていたのが、急遽あさって出産することに。

f:id:akasuguedi:20171031131036p:plain
体重が増えていないというムスコのことが心配でした。自分の生活が悪かったのかも…と一瞬落ち込みましたが、こうなったらもう病院に託すほかない。
バタバタと荷物をつめこんで、翌日入院しました。

f:id:akasuguedi:20171031131230p:plain
病室は、生まれて数日の赤ちゃんたちの泣き声でにぎやかでした。
明日、私も自分の赤ちゃんの声をきくことになるのか…。 徐々に湧き始める実感。

 

これから、いよいよ出産へ。
は~
やっと双子に会える~
帝王切開怖い~(普段は注射もダメ)
緊張する~ 

f:id:akasuguedi:20171031131326p:plain

 

f:id:akasuguedi:20161202162307p:plain

著者:ウラク
年齢:27歳
子どもの年齢:1歳

2015年に二卵性の双子(姉弟)を出産。「双子育児、大変すぎて全然覚えてない!」ということにならないよう、インスタグラム育児絵日記の投稿を開始。ボールペン1本で綴る双子との毎日を絶賛公開中。
【新刊情報】話題のふたご育児日記が待望の書籍化!『ウラクさんちのふたごちゃん(セブン&アイ出版)』

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。