妊娠・出産・育児の情報サイト


健診で順調と言われた日の夜におしるし、そしてまさかの緊急帝王切開に!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

二人目の妊娠。

夕方、38週健診で順調と言われたあとお腹が頻繁に張るようになり、時おり痛みも感じるようになりました。夜トイレに行ってみると、これはもしやおしるし…!?という出血が。

 

しかし、翌日には夫は出張予定で、どうしようと迷いながら過ごしていました。それほど強い痛みではないので前駆陣痛かもしれない、いやでもやっぱりこれは何かおかしい。そして時間を測ってみたら、あれよあれよというまに間隔が短くなって5分を切るように。経産婦なので15分で連絡するよう言われていたため、とても焦りました。

 

病院からは、「とにかく一度診察してみましょう」と言われたので、あわてて荷物を揃えて夫を起こしました。すでに深夜2時をまわっていました。子供は連れてきてはいけなかったので、離れて暮らしている義両親も電話で起こして来てもらい、子供を預けて、病院に着くころには3時近くになっていました。

 

NSTをつけて40分計測したところ、「2度ほど心音が落ち込むところがある」とのことでした。当初は前駆陣痛で帰宅していいと言われそうな空気だったのに、それが一変して「ドクターが来る朝まで厳重にみます」と言われ、不安な一夜を過ごすことになりました。

 

早朝、急きょ駆けつけたドクターに診察してもらったところ、30分~1時間に1回のペースで心音が落ちており、赤ちゃんがしんどいサインを出していると。胎盤に何か問題があり酸素交換がうまくいっていないか、へその緒が巻きついている可能性があるとのことでした。健診でもずっと順調で、今まで一度もそんなことを言われたことがなかったので、大変驚きました。

 

経産婦なのでひとまず経膣で出せるかやってみようということになり、陣痛促進剤を入れることになりましたが、子宮口6cmから進行せず、これ以上は赤ちゃんが危ないということで、緊急帝王切開をすることに。

AM8:51、38週5日、2594gの男児を取り上げていただきました。

 

生まれてみるとやはりへその緒が首に巻きついて身体にもたすき掛けのようになっており、どう頑張っても経膣では出てこれない状態だったそうです。ドクターの迅速な判断により、取り上げてもらってすぐ元気な産声をあげ、後遺症らしいものは何もないまま良好な経過をたどることができました。

 

 

あのとき、「どうせ前駆陣痛だろう」と決めつけたり、「夫が出張控えているし…」と連絡をためらっていたら、もっと違った結果になっていたかもしれません。

 

入院中、ある助産師さんに言われました。「赤ちゃんは、自分が出ないといけないとわかったら、必死でそのサインを出してくるものなの。そして、それをわかってあげられるのはお母さんだけ。この子はとても運のいい子ね」と。

 

夫には昇給のかかった出張を棒に振らせてしまいましたが、今回の結果は最良のものだったと思います。後日談になりますが、夫はまた別のチャンスをつかんで昇給を果たしたようです。

育児はこれからも長く続きますが、夫と協力しあって乗り切っていきたいと思います。

 

著者:オリカナ

重度難聴の夫と中等度難聴の娘(もうすぐ2歳)と暮らす、手話大好きなママです。緊急帝王切開で息子を出産しました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。