妊娠・出産・育児の情報サイト


乳首を咥えさせようとするとギャン泣き!母乳育児を軌道にのせるまでが大変でした

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めての出産で、なにもかもがわからないことばかり。出産は大変とよく聞くけど、産後育児がそれ以上に大変なんて、聞いてなかった!!

入院中から始まった母乳育児赤ちゃんが吸えば、母乳は出るものと思っていたのに、30分、1時間吸い付いても10mlも飲めない…。毎回不足分はミルクで補う毎日でした。退院を翌日に控えた日、急に乳首を拒否するように。

咥えさせようとするとギャン泣きで、寝不足やらなにやらで疲労困ぱいの私も泣きたくなりました。

看護師さんには、「哺乳瓶はおっぱいを吸うより楽だから、そっちを覚えてしまうと乳首を嫌がることがある。ここで頑張らないとおっぱい吸わなくなるかも」なんて言われ、ギャン泣きの息子に無理矢理乳首を吸わせたりしてましたが、どうにも可哀想で、自分も泣きながら。

もうミルクで育てたらいっか、と思ったりしましたが、退院後、自分でミルクを用意しなければならなくなると、準備から洗浄、消毒と、とにかく面倒くさい。

面倒くさがりの私は、今後外出するにもミルクだと荷物多くて大変と思い、なんとしてもおっぱい吸ってもらおうと頑張りました。扁平乳頭だったので、毎回保護器をつけての授乳でしたが、3日くらいすると、咥えてくれるようになりました。

とりあえず一安心したのも束の間、一ヶ月健診で体重が400gしか増えておらず、ミルクを足すか、母乳外来受診を勧められました。色々調べたところ、最初はとにかく吸わせることが大事で、吸うことで母乳も作られるし、赤ちゃんの吸う力もついてくるとのこと。飲んで10分もしないうちに泣くことも多く、そんな時は「さっき飲んだばかりだから」と抱っこで揺らしてあやしてましたが、一ヶ月健診後は『泣いたら吸わす』を徹底しました。

大袈裟ではなく、一日中おっぱいあげてました。

その結果、一週間の体重の増えが順調だったので、それ以来そのまま母乳のみで育てています。二ヶ月頃までは頻回授乳が続きましたが、だんだん落ち着いてくるし、体重もぐんぐん増えて、今では大きい、大きい、と言われています。

保護器も一ヶ月を過ぎた頃にはなくても飲めるようになりました。最初色々悩んだことは、全て自然に、時間とともに解決したことばかり。多分これからもそんなことの繰り返しなんだろうなと思います。初めてのことは、悩んで当たり前、うまくできなくて当たり前。たくさんの経験を経て、母は強くなるのだ。

著者:ゆうまま

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。