妊娠・出産・育児の情報サイト


生後10ヶ月での保育園入園。義母に「かわいそう」と言われて心が揺れたけど…

f:id:akasuguope01:20170726125856j:plain

私の仕事復帰のため、長女は生後10ヶ月から保育園へ入園しました。
育児休暇の制度があるので最長1歳6ヵ月になるまでは仕事を休むことも出来たのですが、繁忙期に入り会社から相談を受けたことと、私自身も復帰したいという気持ちが強かったのでそう決断しました。
 
主人とはしっかり相談をし、2人で決断しました。主人は私の仕事がしたいという気持ちを応援すると言ってくれたのですが、主人のお義母さんから「こんなに小さい子どもを保育園に入園させるなんてかわいそうだ」と言われて反対されてしまいました。
もう、その時には入園が決まっていたので、お義母さんには保育園へ入れることを納得していただくしかありませんでした。同居しているわけではないので、お義母さんへ相談せず話を進めてしまったことがいけなかったのかもしれません。
娘は保育園へ入園し、私は時短勤務で仕事に復帰しました。
娘は人見知りがはじまった時期でもあり、保育園へ送っていくと泣いていやがります。その度お義母さんの言葉を思い出し、私が間違っているのかもしれない、娘にかわいそうなことをしているのかもしれないと悩みました。
もしかしたら、お義母さんに言われたことだけでなく、私自身の気持ちの中にも私の都合で子供に寂しい思いをさせていると感じていたのかもしれません。
 
そんな私の気持ちに気がつき、話を聞いてくださり、支えてくださったのは娘の面倒を見てくれている乳児クラスの保育士さんでした。
 
保育園へ送っていくと激しく泣く娘は、私との間に絆が出来ているからこそ離れるのが嫌で泣いてしまうということで、保育園が嫌なわけではないと説明してくださいました。また、乳児期から保育園へ入ることで、早く集団生活に慣れることができるなどプラス面があることなどもお話してくださいました。
 
3ヶ月もすると、保育士さんと娘の間にも絆が出来たようで、激しく泣くこともなくなり、登園できるようになりました。
そんな娘も今は年長になり、楽しく保育園へ通っています。
 
先日、入園したばかりの頃にお世話になった乳児クラスの保育士さんに呼び止められ、娘の姿を聞かせて頂きました。
乳児クラスに小さな子が入園してきて、その子のお母さんが帰ってしまい激しく泣いている姿を娘が見ていたそうです。娘はその子に寄り添い、しばらく声をかけて励ましていたそうです。
 
娘の成長を感じ、目頭が熱くなりました。
 
乳児期に子どもと少しでも長い時間を一緒に過ごしてあげることは素敵な事ですが、保育園で過ごすことも、子どもにとっていい経験になったのではないかなと思いました。

f:id:akasuguope01:20170726125823j:plain

著者:ななねこ
年齢:32歳
子どもの年齢:1歳8ヶ月、5歳

私の家は旦那と5歳の長女と1歳8ヶ月の弟の4人家族です。仕事をしているため育休があけた今は毎日時間のやりくりが大変で、仕事と子育てに奮闘中です。保育園や会社の協力、主人の協力に日々感謝しつつ、バタバタしながら毎日を過ごしています。いっぱいいっぱいになってしまう時もあるけど、2人の子供に恵まれたことに感謝して子育て頑張ります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。