妊娠・出産・育児の情報サイト


1歳児連れでテーマパークへ。宿泊ホテル選びで重視したポイントは?

f:id:akasuguope01:20170721215520j:plain

毎年新アトラクションなどが発表される有名テーマパーク。

息子も1歳9ヶ月となり、ある程度散歩もできるようになってきた6月に、家族で遊びに行くことにしました。

ただ、日帰りするのは難しい距離なので、遊んだ夜は近くで宿泊することにしました。

 

まず、宿泊するホテル選びで重視したのは、テーマパークから近いことでした。

せっかく行くので存分に楽しみたいものの、子連れなので夫婦だけで行くよりも体力消耗が激しいと思い、遊んだ後はすぐに部屋で休めるようにするため、パークから徒歩圏内のホテルを候補にしました。

そして、その中でも子どもと過ごしやすいことを重視して決めました。

このホテルに決めた1番の理由はお風呂でした。

ここのホテルはどの部屋もトイレ・バスがセパレートタイプ。

子どもをお風呂に入れやすい上、親もゆっくり湯船に入れます。

他のホテルで温泉併設の施設などもあったのですが、そこは3歳未満は入浴できなかったので今回は断念しました。

また、ベビーガードなどの子ども用設備やアメニティも用意していただけたり、3歳までは添い寝の子どもの朝食無料など、子どもへのサービスが手厚いところも魅力的でした。

結果、このホテルを選んだのは大正解でした。

まず、宿泊前にベビーガードのレンタルをお願いするために電話をかけた際、「他に何かご不明な点はありませんか。」とおっしゃってくれたので、息子が卵アレルギーなのだが、朝食バイキングで何かしら食べられそうなものはあるかどうかと尋ねたところ、電話をレストランに繋いでくださり、レストランの担当者の方と詳細なやり取りをすることができました。

そして、当日は料理長が席に来てくださり、アレルギーリストを手に説明をしてくださったので、安心して食事をすることができました。

 

 

また、宿泊当日はパークとホテルの近さに助けられました。

ホテルはパークのゲートとは目と鼻の先の距離でした。

入園前に荷物をフロントに預けて、最小限の荷物で出掛けることができましたし、パークを出た後は隣の商業施設で、たこ焼きや豚まんなどの大阪名物をテイクアウトし、ホテルの部屋でくつろぎながら夕食を取ることができました。

パークで遊んでいる間は気にならなかったのですが、パークを出た瞬間、夫婦ともに一歩も歩きたくないぐらいの疲れを実感し、ホテルの近さを心からありがたく思いました。

ホテルの部屋もとても広く、息子も楽しそうに部屋を探検!

 

 

朝食もとても豪華で、パークの楽しさの余韻そのままにホテルで寛ぐことができました。

再び家族でテーマパークに行く際には、またここに泊まりたいと思わせてくれるホテルでした。

 

f:id:akasuguope01:20170721220525j:plain

著者:ユカリンゴ
年齢:34歳
子どもの年齢:1歳10ヶ月

三重県在住で1歳10ヶ月の息子の子育てをしている専業主婦です。 息子も2歳間近となり、自分の思い通りにいかない時には奇声を上げて大暴れするようになりました。 そんなイヤイヤ期もいつかは収束すると信じ、息子の寝顔と笑顔を癒しにして、家事と育児を頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。