妊娠・出産・育児の情報サイト


夫婦2人の生から一変!素敵な変化を次々にもたらしてくれた赤ちゃんに感謝

f:id:akasuguedi:20170813212348j:plain

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

結婚4年目。

夫婦揃って子どもが大好きだったものの、私が妊娠しづらい身体だったため、子どもはもうほぼ諦めていました。

「このままずっと夫婦2人でのんびりし、将来は田舎に移住生活でもしよう!」と話していたところでした。

 

妊娠がわかり、当事者である私たち夫婦が誰よりも驚きました。

しばらく信じられなかったくらいです。

この先もずっと夫婦二人だと思って描いていた未来予想図が一転。

子どもがいる生活。

 

一緒に暮らして10年程になり、会話もいい意味で必要最低限で盛り上がるようなこともなかった私たち夫婦が、

子どもが産まれたらしたいことや行きたい場所、経験させたいことなど、子どものことで沢山会話するようになり、盛り上がって笑いあうようになりました。

 

 

夫婦で買い物に行くのも食料品や生活用品のお店のみ、たまの外食もきちんとしたレストランに最後に行ったのはいつだか記憶にないほど「生活上のパートナー」と呼ぶに等しい関係だったのが、

妊娠してからというもの、2人でいろいろなお店にベビーグッズを見に行ったり、

買うもの1つにも2人で吟味したり、

「2人で食事もできなくなるから…」とお洒落なレストランを予約して食事に行ったりと夫婦の過ごし方にすごく素敵な変化がありました。

 

季節のイベントも、主人はもともとあまり興味がなく、人混みも苦手で出不精。

イベント好きな私だけが1人で季節を感じることもしばしばでした。

それが今年の夏は一緒に花火大会にでかけたり、

「海水浴には○○(場所)へ連れていこう」や「お祭りにも連れていきたい」と、

季節を楽しむことに積極的に変化。

 

赤ちゃんが来てくれたおかげで、夫婦2人ではしなかったことを、たくさん経験することができ、毎日本当にお腹の中に向けて感謝しかありません。

特別で幸せな時間をもらってばかり。

元気に産んであげられるよう、残りの妊婦生活も大切に過ごしていきたいと思っています。

 

 

産まれてからもいろいろな幸せをもらっていくのだろうけれど、

少しでもこちらからの恩返しもできますようにと心から祈っています。

 

著者:iKU

妊娠7ヶ月のプレママ。日々お腹に向けて感謝ばかりしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。