妊娠・出産・育児の情報サイト


夜中の2時就寝だった赤ちゃんの夜型生活を、21時就寝のまともな生活に変えるまで

f:id:akasuguope01:20170726061558j:plain

長男を出産するまでは、赤ちゃんはよく寝るものだと思っていました。

しかし、長男はなかなか寝てくれず、夜泣きも激しいタイプ。

少しの物音でも目が覚めてしまうほど、神経質なのです。

ですから、私は抱っこ紐を活用し、常におぶっているか、抱っこをしていました。

 

長男が夜から朝方までしっかり寝れるようになったのは1歳半ぐらいから。

それまでは、朝起きるのは10時。離乳食と母乳をあげた後、15時くらいからお昼寝。

起きたらお散歩に出掛け、19時くらいに晩御飯と母乳。21時頃に沐浴

寝るのが2時や4時頃になっていました。

 

当然、朝も起きられるはずがなく、今思えばとて不規則な生活です。

主人の帰りが遅いため、「起きている息子と遊ばせたい」と思ってしまい、こんな生活リズムになってしまいました。

 

関連記事:寝ない

 

しかし、赤ちゃんの睡眠はママの気持ち次第で変わることができると実感したことがあります。

1歳の健診時に、保健士さんから優しく諭されたのです。

「今の生活リズムのままだと、脳の発達にもよくないし、今後、幼稚園などに行った際に困るのはお子さんですよ」

これで、目が覚めたように思います。

 

主人に、夜に息子と遊ぶのではなく、朝早く起きて息子と遊んで欲しいと頼みました。最初は了承しなかった主人ですが、息子の成長のためだとお願いするといつもより1時間早く起きてくれることで了承しました。

ここから、息子の睡眠時間を正常に戻すのに苦労しました。

今まで、2時や4時まで起きていたのに、急に21時に部屋を暗くしても当然寝てくれるわけありません。

興奮気味に玩具を引っ張り出そうとする息子を制するのに、苦労しました。

また、朝8時にカーテンを開けて太陽の光を部屋に入れ、朝ごはんを作り、寝かせないように午前中にお散歩に出掛けました。

帰宅後、昼食をあげてから1時間だけお昼寝をさせるようにし、午後はまた18時の晩御飯までお散歩に出掛けたり遊んだりしたのです。

すると、次第に20時の沐浴の時点で眠たそうにして、21時頃に泥のように寝てくれるようになりました。

 

 

息子の睡眠時間を変えるのは大変でしたが、ママの頑張り次第で出来るものだと実感しました。

もっと早いうちから、規則正しい生活を作り上げておくべきだったと、今では思っています。

 

f:id:akasuguope01:20170726061941j:plain

著者:tatto
年齢:27歳
子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠24週

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。 最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。