妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠初期、色々と散々だった私。やってよかった戌の日のお参り

f:id:akasuguope01:20170729082705j:plain

戌の日、皆さんはどうしているのでしょうか。やった人、親に言われてやった人、やらなかった人と様々だと思います。私は、戌の日参りをやった人、です。やってよかったと思ったこと、どんなことをやるのかお話ししたいと思います。

私は、1人目を妊娠している時妊娠初期つわりがひどかったです。そこで、職場にも迷惑を掛けてしまうと思い、退職を決意したのです。踏んだり蹴ったり…とはまさにこのことで、本当に妊娠を継続できるのだろうか、と不安になっていました。

そんなことを経てなんとか安定期に入ることができ、やっと少しずつ自分に余裕ができました。この頃、戌の日のお参りを初めて知りました。

戌の日とは、多くの子どもを産む犬にあやかって安産祈願を行う、妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日に行うイベントです。私は、安定期に入っても妊娠初期のトラウマがあったため、お参りを行うことで少しでも気持ちに余裕ができたらいいなと思い、戌の日のお参りを決断しました。

関連記事:夫婦で戌の日のお参りへ。夫が隠すように吊るした絵馬に書いてあったのは…


私はお参りする神社に、自宅近くの神社を選びました。その神社は妊婦さんや子どものお参りを行う有名な神社で、安心して戌の日のお参りができると思ったのです。戌の日当日は平日だったこともあり、人も少なかったためスムーズにお参りすることができました。

事前に購入した腹帯にもお祈りをしてもらいました。お守り一式を頂き、15分ほどで無事終了。そのあとは、神社のパワースポットとなるところを回り、その日は終了しました。

このお参りを終えた私に、なんだか安心感が生まれてきたように思えました。妊娠初期は大変だったけれども、これからの妊婦生活を楽しもう、そんな風に前向きになれたのです。

神社で頂いたお守りは、入院時に病院へ持参しました。


産後、生まれた赤ちゃんと一緒にお礼参りへ行きました。初めてのお出かけがこのお礼参りだったのですが、とてもうれしく思いました。


現在、2人目を妊娠中です。既に安定期に入っており、戌の日のお参りに行きたいのですが、なかなか時間がとれず行くことができていません。戌の日を見つけてどこかで行きたいと思っています。
私は戌の日に安産祈願を行ったことで、安心して妊娠生活を楽しむことができたので、お参りしてよかったと感じています。

f:id:akasuguope01:20170729082922j:plain

著者:aoaya
年齢:27歳
子どもの年齢:0歳

現在は妊娠・出産を機に仕事を退職。専業主婦として0歳の子どもを育てています。また現在、年子になるBabyを妊娠中。子育て&妊婦ライフを同時に楽しんでいます。楽しいことが大好きで、何事も楽しくできるようポジティブに考えるようにしています☆よろしくお願いいたします☆

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。