妊娠・出産・育児の情報サイト


リトミック教室では泣いてばかりの息子。思い切って教室を辞めたらうまくいった!

f:id:akasuguope01:20170729014527j:plain

息子が4ヶ月の時、初めてミュージックセラピーという育児講座に参加してみました。

 

音楽に合わせてお母さんと一緒にゆらゆらしたり、楽器の演奏を聴いたりするもので、他の赤ちゃんはお母さんに抱っこされ心地良さそうにしていました。

ですが、うちの息子は常に不機嫌。

楽器の演奏が始まると大泣きで、部屋のすみに連れていきあやさないといけない状態でした。

楽器を触らせてもらえるコーナーでは、みんな興味深々で手を伸ばしているのに、息子はまた泣いてしまいます。

私は音楽が好きで、子どもにも音楽を好きになって欲しいと思っていたのでとてもショックでした。

 

めげずにベビーリトミックなどにも出かけましたが、同じように泣くばかり。

ゆったりした動きのリトミック教室しかいったことがなかたので、1歳頃からは少し動きの多いリトミック教室に行ってみました。

音楽が絶えず流れていて、お母さんに抱っこされたり高い高いされたり、ずっと動きっぱなしの教室でした。

運動の要素もあるので少し気分も変わるかなと思いましが、これもまた失敗。泣いて暴れた息子は、教室の隅でずっと1人おもちゃで遊んでいました。

私は、「こんなに嫌がっているのにここまでして通う意味はあるのか」という気持ちになり、息子をリトミックに通わせるのを辞めることに決めたのです。

 

 

でも私は音楽を諦めたわけではありませんでした。

「リトミック教室通うだけがリトミックではない!」

そう思い、自宅で自分でリトミック要素を取り入れた音楽遊びをすることにしました。教室では不機嫌な息子も、自宅では私と一緒に毎日ご機嫌で音楽を楽しんでいました。大勢の中にいるのがいやだったのか、また息子に合ったリトミックではなかったのかは分かりませんが、私との音楽遊びはうまくいったのです。

1歳半の頃からは音楽に合わせてリズムをしっかり感じ体を動かせるようになり、2歳になった頃から、少しずつ歌を歌うようになったのです。

3歳になって幼稚園に通いだしてからは集団にもなれ、大勢でも音楽を楽しめるようになりました。

 

 

毎日、「今日はお母さんがいつも歌ってくれる、◯◯って歌を歌ったよ」とお話してくれるように。

幼稚園の先生からも「お歌が好きみたいです」や、「ダンスで音楽に合わせて踊るのが楽しいようです」などと言ってもらえるようになったのです。

 

いつの間にか私が歌った歌を覚え、遊んだリズムの拍子を感じられるようになっていたことに驚きながらも、継続してきてよかったと思っています。

f:id:akasuguope01:20170724191212j:plain

著者:もも
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳、0歳10ヵ月

早産で小さく生まれた息子と、やんちゃな娘のママです。甘えん坊で、人が集まる場所では、ママから離れられない息子が幼稚園に行きだしてからしっかりとしてきて一安心。妹は社交的でやんちゃ。正反対な子どもたちと毎日楽しく過ごしています。お料理やパン作りが好きで、休みになると息子と一緒にキッチンに立っています。楽しく育児!頑張ってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。