妊娠・出産・育児の情報サイト


双子を出産するも、一人はNICUで離れ離れに。家族みんなが揃ったとき

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めての妊娠。男女の双子を授かり、38w4d、自然分娩で出産することに。

手術室には医者助産師研修医等あわせて10名と夫に見守られながらの出産でした。物々しい雰囲気の中、第一子の長女は、頭位で大変元気のいい産声で産まれてきてくれました。

長女の顔を見てホッとする暇もなく、第二子の出産。先生たちも「これで最後!もう一回頑張れ!」と骨盤位で第二子の長男を出産。これでホッとするかと思いきや、聞こえてくるのはしゃっくりのような産声・・・。

産後の処置中、助産師さんが「二子ちゃん、NICU入ることになりそう」と一言告げられ、夫も私も口には出さずとも不安が募りました。呼吸が上手に出来ていないと説明を受け、NICUに行く前に抱いてあげてと言われ、「頑張って」とギュッと抱きました。

2リットルの出血があった私は、病室へ戻って以降貧血がひどく、倒れてしまい気づくと朝でした。早朝から先生が入れ替わり立ち替わり、点滴や経過観察等病室に訪れ、正直心も体も休まる暇もありませんでした。

そんな中、「おっぱいあげてください」と助産師さんと研修生さんたちが長女を連れてきてくれました。ぎこちない授乳ですが、長女をみると心が休まる瞬間でした。それでも不安はいっぱいで私の体調も良くならない状態でした。

 

「NICUにいる弟くんにもおっぱいあげよっか」と言われ、搾乳しました。スポイトに入った数滴の母乳を持ち、車椅子に乗せてもらい、NICUに行きました。機器が沢山並ぶ中、頑張っている赤ちゃんたちが大勢いました。その中で長男も頑張っていました。

 

元気そうな長男の顔を見て、手に触れた瞬間、感じたことがないぐらい心が軽くなりました。その私の姿を見た周りの先生たちも、一瞬にして血の気が戻っていくのが分かったよと。NICUに行くまでは起き上がったり、立ち上がることも出来なかった私でしたが、長男に会い病室へ帰る時は自力で車椅子を押せるほどの回復をしました。

 

翌日、先生から「昨日NICUでママと面会してから、弟くん、すごい回復力で明日にはNICU卒業出来そうですよ」と言われました。その先生の言葉通り、翌日NICUを卒業し、ようやく病室に娘、息子と3人。そしてパパも来て、家族4人揃うことが出来ました。家族が揃うと、娘と息子がニコッと笑顔を見せてくれました。パパもママも心から笑うことが出来ました。家族みんなで乗り越えた初めての嬉しい思い出です。

著者:ふたごまま

男女の双子ママです★楽しく育児!がモットーです★

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。