妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんの顔に赤いぽつぽつが!アレルギーを疑い皮膚科に行ってみると…

f:id:akasuguope01:20170723211549j:plain

子どもが生まれ、生後2ヶ月半ばのころ、赤ちゃんの顔が赤く見えました。全体に赤いのではなく、頬の一部がぽつぽつと赤みが目立っているように見えるのです。
 
乳児湿疹のことを知らなかったので、一気に心配になりました。
 
 
初めて子どもが生まれた時は、ちょっとしたことが不安に思えたり、すぐに病院に駆け込んだりしたものでした。この時も、赤いぽつぽつという体の異変に、何か悪いことしたかしらとすぐに思いました。季節は秋口だったので、あせもでもなさそうです。
 
また、夫の母親に「アトピーじゃないわよね?何かのアレルギー?」と疑わしく言われ、余計に不安になりました。
 
夫に相談して、一番近い小児科が自宅から距離があったことと、私自身が産前から手湿疹に悩まされていたことから、赤ちゃんも私も皮膚科を受診することにしたのです。
 
皮膚科の先生は、「赤ちゃんはお腹の中では羊水に守られているから安心だけど、外気に突然触れることになると、慣れるまで多少の異変はあるものですよ」と教えてくださいました。
「いわゆる乳児湿疹ですね。1、2ヶ月で治りますよ」と。
 
非ステロイド剤を薄く塗ってあげるよう指示をもらいました。それでも症状が治まらない場合は、また受診したほうがいいそうでした。ひとまず、義母にアレルギー疑惑をもたれていたので報告だけして、様子を見ることにしました。
 
私がここまで不安になったのには、初めての子だからというだけではありませんでした。私より前に出産した友人の赤ちゃんに、アレルギーが見つかっていたのです。その友人が話すには、彼女は私と同じ母乳育児だったのですが、母親が食べたアレルギー成分が母乳を通じて赤ちゃんの体内に入ると湿疹が出るなど影響があるので、母親自身が食べるものに気を付けないといけなかったというのです。
 
とても大変そうでした。それを見ていたので、我が子のぽつぽつもアレルギーだったらどうしよう、私のせいなのかもしれないと思ったのです。
 
我が子のぽつぽつは本当にただの乳児湿疹だったようで、皮膚科の先生の言われた通り、1かヶ月くらいしたら治っていました。
 
 
一つ苦労したのは、自分自身の手湿疹です。皮膚科で弱めのステロイド剤をいただいたのですが、ステロイドだとつけている間は直接赤ちゃんを触らないほうがいいと聞き、手袋を着用しなければなりませんでした。赤ちゃんを抱っこするのにいちいち手袋は煩わしいのですが、やむを得ずしていました。
 
それも治るまでには1ヶ月以上かかり、しばらくは大変でしたが、赤ちゃんのためならと我慢しました。最初の子どもで経験した突然の湿疹。次に生まれた子どもにも起こりましたが、その焦らず対応できました。
 
なにかあったら不安がらずに、まずは専門の先生に相談することが大事だと思いました。

f:id:akasuguope01:20170722105408j:plain

著者:タクトム
年齢:38歳
子どもの年齢:2歳、5歳、6歳

社会人になってから一生懸命仕事をし、30代で結婚。すぐに子どもを授かり、現在は三人の子どもがいます。女の子一人、男の子二人、三人の子どもを育てても、初心者同然で試行錯誤の毎日です。明るく社交的なタイプで誰とでもすぐ打ち解けることができ、物事は前向きに考えるのがモットーです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。