妊娠・出産・育児の情報サイト


重視したのはリクライニング!チャイルドシートで気持ちよさそうに寝てくれます

f:id:akasuguope01:20170812075126j:plain

現在4歳、0歳11か月の育児中です。

一応首都圏で生活していますが、郊外なのと車がもともと好きな夫婦なので自家用車が欠かせません。といっても、そんな大きな車、上等な車に乗れるわけじゃないので大衆的な国産の乗用車ですが、二人とも産後退院したその日からチャイルドシートに乗せ帰宅し、生後半年経った頃には、車で7時間ほどの実家に帰省もしました。

赤ちゃんの頃は、赤ちゃん専用のものを身内に譲ってもらったものを使用していましたが、体重が10キロになる頃1歳半頃に、チャイルドシートを買い換えました。いろいろな種類の商品の口コミをかなり読みました。

重視したポイントは、リクライニング。

うちの場合は、長時間一緒に乗せて出かけるので、よく寝てしまうことが多いので、取り付けるシート(主にリアシート)自体がリクライニングできない車種の場合は、子供が寝てしまうと首がカクっと倒れて支えられない、というのが最も気になったのです。

そしていろいろ見た結果、シートをリクライニングさせることができるものを見つけて購入しました。

これは、三段階のリクライニングがあり、二段階目までは飲食が可能な傾斜。三段階目は、ストロータイプのこぼれないもの以外では難しいといったくらいのリクライニング具合です。

このリクライニングのおかげもあって、前より気持ちよさそうに寝てくれるのを見て、選んでよかったと思いました。

また、このチャイルドシートの利点として、洗濯しやすいというのもあります。一度、シート上で大量に嘔吐したことがあり、そのときは外せるパーツはすべて外して洗ったのですが、かなりパーツは細かく外せました。たぶん今までの汗もたくさん吸収していたと思われるので、ついでできれいに洗って、すっきりしました。

今後もこのままジュニアシートとして活用しようかと思っていたのですが、下の娘もだんだん赤ちゃん専用シートが小さくなってきたので、上の子はそろそろブースターシートに移行して、チャイルドシートを娘用にしようかなと考えています。

上の子が幼稚園に入り、普段はバスですが何かの際の送り迎え、下の子が生まれちょっとした移動でも車に乗ることが増え、手軽な乗り降り、乗せ降ろしはブースターシートの方が優れています。また、娘自身が、大人の真似をしたい年ごろなので、大人と同じようにシートベルトを斜めにかけたいようだったので、上の子のチャイルドシートに座らせるのもいいかなと思ったのです。

チャイルドシートは義務です。車に乗せる以上は確実に装着して、ドライブを楽しみたい。そんな希望をしっかり叶えてくれたので、リクライニングを重視したのは選択だったなと思っています。

f:id:akasuguope01:20170812074456j:plain

著者:ごろう
年齢:35歳
子どもの年齢:4歳、0歳11ヶ月

おしゃれが大好きな4歳の娘と、ただただかわいい癒しの0歳児(だんだん怪獣化しつつあり)、二人の娘を授かり母親をしております。 大変なことも多いですが子供たちの成長の早さを見るにつけ、これは今だけの幸せなんだなと思うようにして日々乗り切っております!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。