妊娠・出産・育児の情報サイト


初めての帰省

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私の実家は同じ県内ですが、パパの実家は遠くて息子が生まれてからまだ会ったことがありませんでした。

首が座る生後4ヶ月に帰省しようと思っていたら、パパの夏休みが早まり、生後2ヶ月で帰省することに!

 

帰省は車とフェリーで移動しました。行きはほぼ車、帰りはフェリーがメインでした。

行きは夜中に出発するために、寝る時間を調整したおかげで車では爆睡でした。グズることなく移動できたのでスムーズに実家へ行くことができました。

心配は帰りのフェリーでした。車とは違い他人が一緒になるのでギャン泣きしないか心配でした。部屋はファミリールームの大部屋にしました。

 

問題はお風呂でした。普段ワンオペの時は脱衣所にバスタオルを引いて寝かせて待たせ、自分が洗えたら息子を洗うようにしていますが、大浴場ではできません。また、まだおすわりもできないので座らせておくこともできません。

悩んだ結果、自分が洗うのは朝風呂かご機嫌さんもしくは寝てからパパにみててもらっている時にしよと思いました。

 

息子とお風呂に入って洗って、軽く湯船に浸かっていると1人のおばさんが「抱っこしててあげるから、お母さんも洗ったら?」と声をかけてくださいました。

とても嬉しくて抱っこしててもらい、自分も洗うことができました。

脱衣所へ戻る時もドアを開けててくださったり、「お手伝いすることはない?」と声をかけてくださったり、人の温かさ優しさに触れられて心配だった気持ちが吹き飛びました。

 結局、悩み損に終わり、終始ご機嫌で自宅へ帰ることができました。

 

帰省中、行く先々で居合わせた方みんなにかわいいと言ってもらい嬉しかったです。

「こんな小さいのにかわいそう」とか否定的なことを言われないかという不安もありましたが、そのようなことはなく、息子の人徳かなと思いました。

これから先、息子が大きくなったら助けていただいたことを話、人助けをサッとできる子になってほしいと思いますし、私も恩返ししていきたいです。

著者:ちゃちゃん

待望の第一子男の子を出産し子育て奮闘中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。