妊娠・出産・育児の情報サイト


赤ちゃんのワンオペお風呂。とっても役に立ったアイテムとは?

f:id:akasuguope01:20170823192658j:plain

生後1ヶ月までは、私の母が産後のお手伝いに来てくれていたので、ほぼ2人で役割分担しながらお風呂に入れていました。

が、問題は母が帰った後。

はじめての子育てですし、基本的に旦那さんは帰りが遅いので、私1人で子どもをお風呂に入れることになります。

来たるべき日に備え、ふたりでしっかりシミュレーションしました。
母がいてくれる間に、ベビーバスを使って1人でお風呂にいれる練習をたくさんやりました。

 



そして、生後1ヶ月。

健診でなにも問題がなかったのはよかったですが、とうとう母が帰ってしまいました。
さぁ、これからが大変だぞと思いましたが、幸いなことに真夏の暑い時期だったので、「そこまで神経質にならなくてもいいや!」とも思い、1人の時は子どもと一緒に湯船につからずベビーバスを使いました。

ただ、真夏とはいえ、赤ちゃんが風邪をひかないように気を配らなければいけないし、事前にお風呂にはしっかりフタをして、その上にバスタオルをセットしてから、洗い上げたあかちゃんをタオルでしっかりくるむことにしました。

お風呂上り後、できるだけ早めに肌ケアをする必要があったので、ある意味「時間との戦い」。

でも、しっかりシミュレーションをしていたのであまり困らずにお風呂タイムをすごせました。

赤ちゃんとのお風呂で一番役に立ったのが、フード付きのバスタオルです。
もともとそんな商品があるとは知らず、お祝いでいただいたそのタオルを使ってみると、すっぽり頭はつつめるし体もしっかりくるめるし、普通のバスタオルよりも役に立ちました。

うちの子は標準よりもかなり大きいので、フード付きバスタオルでは体がしっかりつつめなくなり、残念ながら生後6ヶ月で卒業となってしまいましたが…。
新生児の頃から使えるのとても助かりました。

そして1歳になった今でも役に立っているのが、新生児の時から使っている座るところがついたプラスチック製のベビーバス。

私が体を洗ったりしている間、寒い時期はその中にバスタオルを敷いてあかちゃんを入れておけば、一応おとなしく座っておもちゃで遊びながらその中で待っててくれます。

 

 
赤ちゃんのお風呂はやはり人手があるに越したことはありません。

ですが、自分だけで入浴させる時は、便利なグッズを揃えると乗り越えられることを知りました。

f:id:akasuguope01:20170823173512j:plain


著者:はな
年齢:30歳
子どもの年齢:1歳

はじめての子育てに毎日奮闘しています!寝不足で疲れたりイライラすることも多々ありますが、子どもの笑顔と成長っぷりに癒されて今日も頑張っています!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。