妊娠・出産・育児の情報サイト


「この感覚もあと少しだけ」臨月に胎動を感じると、ちょっと切ない気分に

f:id:akasuguope01:20170827100111j:plain

妊娠が判明してから臨月まで、とても長い月日でしたが、あっという間の妊娠期間でした。

思えば、妊娠してから今日に至るまで、本当にいろいろな出来事がありました。

我が子の存在に喜び、でも時々不安になったこと。

初めてエコー越しに見た我が子の姿に感動した日。

体調が芳しくなく、イライラして主人と喧嘩した日々。

初めて我が子の胎動を感じた日。

 

今思えばすべて幸せでいっぱいの日々でした。

特に胎動は、小さい体で、精一杯力を込め蹴っているのだろうなと思いながら、ぽこぽこと動くお腹をさすっていたのを思い出します。

初めて胎動を感じた21週目。そして臨月を迎えるまで、胎動の感じ方は変化していました。

 

 

妊娠してから、体調の変化に敏感になっていた私は、すぐに胎動に気づきました。

お腹の内側がぽこぽこと動いている気がしたので、一度横になって少し息を止めると、より胎動を感じることができました。

妊娠してから、ある意味一番幸せな瞬間でした。

胎動を感じられるようになってから、日々の妊娠生活をより楽しく幸せに過ごせるように。

毎日、少しずつ力強くなっていく胎動を感じていると、「母になったんだな」と改めて実感するようになりました。

そして気づいたら、あっという間に臨月を迎えました。

臨月に入っても、私の赤ちゃんは小ぶりだったのでまだまだ胎動は落ち着かず、まるでお腹の中をぐるぐるとでんぐり返ししているかのように激しい胎動でした。

胎動が激しすぎて、お腹が痛くなることもしばしば…。

ですが、出産が近づくにつれ、激しかった胎動も少しずつ落ち着いてきたように私は感じました。

「もうすぐ我が子に会える」と思うと、「早く産まれてきて欲しいな」と思いましたが、「いざ産まれてしまったら、こうして我が子の胎動を感じることができなくなるのだ」と思うと、なんだか切ない気持ちでいっぱいでした

臨月に入るといつ産まれてもおかしくない状況なので、「こうして胎動を感じられるのも最後かな?」と思いながら、我が子の胎動を感じられる時間を大切にして過ごしました。

 



最初はエコー越しに見えた豆のような形をしていたのに、あっという間に大きくなり、長男は2歳3ヶ月、次男は7ヶ月になりました。

息子たちを授かった時が、とても懐かしいです。

いつか息子達が大きくなったら、お腹の中にいたときの様子や、胎動を感じたときの私の心情であったり、私の元に産まれて来てくれてどれだけ幸せだったかを話してあげたいなと思います。

f:id:akasuguope01:20170827094843j:plain

著者:木村えま
年齢:21歳
子どもの年齢:2歳3ヶ月、7ヶ月

2歳3ヶ月、7ヶ月の年子兄弟のママです!10代で妊娠、出産と早くに子供を授かり、日々、育児に家事に仕事と目まぐるしい毎日を送っていますが、子供達に癒され励まされ、育児に奮闘中です!沢山の方々と、色んな情報を共有できたら良いなと思います、よろしくお願い致します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。