妊娠・出産・育児の情報サイト


親子揃ってロスなし!? ビックリするほどアッサリと完了してしまった…断乳 by ユーラシア

こんにちは、ユーラシアです。

私が断乳を考え始めたのは生後8ヶ月の頃。
育児雑誌の断乳特集では「断乳してから三日三晩泣き続けた」「なかなか離れてくれず、おっぱいに絵を描いた」などの苦労エピソードを目にして、母乳を安定させるために苦労したのに、今度はやめるために大変な思いをするのか~」と気が重くなり、「やるならさっさとやっちゃおう」と思ったのがきっかけでした。


嫌なことは早く済ませたいタイプなので……今思うとものすごい自分本位な断乳です。
一応、息子の体調に影響が出ないよう保健師さんに相談するなどしましたが (離乳食をしっかり食べてるなら大丈夫ですよとのことでした)。

f:id:akasuguedi:20171213143840p:plain
<STEP 1:夜間断乳

9ヶ月を目前にして、まずは夜間断乳から始めてみました。
夜間に喉が渇いたときのために白湯が入ったマグを枕元に起き、決行。夜中に目が覚めても、抱っこしたり背中をポンポンして落ち着かせて、とにかく授乳はなし。
それまでは大体一晩に1~4回くらい泣きながら起きることがあり、 その度に寝ながら添い乳して寝かせていたため、起き上がって抱っこしたりあやすのは億劫でした。グズグズと眠らない息子をなだめながら、「授乳すれば大人しく寝てくれる……あげちゃおうか……」と誘惑にかられましたが、 なんとか「これを乗り越えればきっと楽になるはず」と信じて耐えました。

その甲斐あってか、授乳をやめた2日後には、夜中に起きても背中トントンですぐに再入眠してくれるように。
そして1週間後にはついに8時間睡眠を達成。「ぐっすり寝る」ということの尊さを感じました。睡眠、尊い。
それ以降も夜中に起きることが完全になくなったわけではないのですが、 ちょっと泣いてもすぐにパタンと寝てくれるので、大分負担が減ったように思います。

 

<STEP 2:朝の断乳

離乳食が進むにつれて徐々に授乳回数は減っていき、11ヶ月の頃には朝と寝る前の2回になりました。ただ日中もおっぱいを飲みたがることがあったし、 完全に断乳するのはまだ先かなと思っていたのですが……。

ある朝、ふと「授乳の代わりに麦茶にしたら嫌がるかな? ちょっと試してみよう」と 軽すぎるノリで麦茶を差し出してみました。すると、息子は特に泣くことも疑問に思うこともせず(?)、麦茶をゴクゴク飲んでご機嫌に遊び始めたのです。
「え? それでいいの?  朝イチの授乳が習慣だったのに??」と私がビックリです。

 

<STEP 3:寝る前の断乳

そして翌日、寝る前も授乳をせずに「白湯を飲もうね!」とマグを渡すと、 少し納得がいかないような顔はしていたものの、泣くことはなく就寝。
なんともアッサリと断乳が完了してしまいました。
むしろ「じゃあ何で今まであんなに飲みたがったの?」というくらいの潔さでした。

f:id:akasuguedi:20171213144430p:plain

こんな感じで、大した試行錯誤も面白エピソードもなくサクッと終わってしまいましたが、 おかげで乳首に安寧が訪れ、夜も多少まともに眠れるようになり、 全自動栄養提供マシンからようやく人間に戻った感じがしました。

突然前触れもなく断乳してしまったので、よく考えると息子には申し訳なかったですが…… (お子さんによっては動揺してしまうかもしれないので、決してお勧めはしません)。幸い息子は特に情緒不安定になることもなかったようで、変わらず毎日ニコニコだったし、 私の方もよく聞くような「断乳の寂しさ」「授乳ロス」的なものを感じることもなかったのでよかったです。
親子揃って鈍感! 結構神経質な性格なのにここだけ鈍感~!

 

 

f:id:akasuguedi:20160913055405p:plain

著者:ユーラシア
年齢:30代
子どもの年齢:2歳

2015年4月に男児を出産。割とテキトーに育児しているオタクでナマケモノな専業主婦です。思いもよらなかった子供の可愛さ奥深さに驚く毎日の中、老後の楽しみにと育児に関する絵や文章をちまちま描いています。息子はいつも親指を吸っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。