妊娠・出産・育児の情報サイト


使用する期間が短いベビーバス。空気で膨らませるタイプが大活躍!

f:id:akasuguope01:20170824212703j:plain

赤ちゃんが生まれてくる前に用意するものとして、ベビーバスがリストアップされると思います。

大人と一緒のお風呂でいいんじゃないのかな?と思っていた時もありましたが、産院などでの講習で「1ヶ月まではベビーバスで沐浴を」という指導を受けてから、ようやくベビーバスを購入する運びとなったのです。

ただ、ベビーバスを買うにもどれを購入しようか?と悩みました。

聞けば「ベビーバスなんて要らなくなる」という人と、「おもちゃ入れになってずっと使ってたよ」と言う人。

「固いベビーバスの方が安定して楽」であったり「少しの期間だし膨らませるタイプで十分」であったり、中には「押し入れ用の収納ケースで代用」というアイディアも。

私たちの家はマンションでさほど広くはありません。そのため、かさばるベビーバスは少し難しいのかな、と思ったものです。

ただ、不必要になったらたたんでしまえる、空気を入れるタイプのベビーバスは、取扱説明書を見ると一年も使えない、と書かれていました。経年劣化などで安全が保障できないのでしょうか。

しかし、沐浴をするのは1ヶ月くらい、ということなので、さほど問題ないものと思い、私たちは空気で膨らませるタイプのベビーバスを選びました。

秋生まれの赤ちゃんでしたのでちょうど冬に向かう時期でした。

ベビーバスを使用した1ヶ月は実家で過ごしたのですが、その間段々と下がっていく気温に、最初はお風呂場で沐浴をしていたものを、最終的にはリビングで行うようになりました。

その際に持ち運びをしたり、乾燥で吊るしたりするのに、軽いタイプのベビーバスにしてよかったと思いました。

しっかりとした作りのベビーバスの方が安定するのかもしれませんが、私たちは柔らかいベビーバスでも特に不自由は感じませんでした。

 

我が家の赤ちゃんは大き目の赤ちゃんだったこともあり、1ヶ月でベビーバスは卒業し、すぐに親と同じお風呂になりました。その後は空気を抜かれて押し入れへ。

後から聞けば、5ヶ月過ぎまで結局ベビーバスで済ませた、という人もいたので少し驚きました。

その話を聞いて、改めて我が家の5ヶ月の赤ちゃんを、ベビーバスに座らせたところ、「これは温まったり体を洗うのは無理だ…」という大きさに育っていたからです。
赤ちゃんの大きさもベビーバス使用に影響するかもしれませんが、こればかりは予想できないですね。

 

初めての夏を迎え、我が家のベビーバスは再び膨らまされて昼間の沐浴用になっています。しっかり体を洗う、となるとムリですがちょっと水浴びするにはちょうど良いサイズです。

使用期限の短いベビーバスなので、この夏の沐浴で使って役割は終わりかな?とも思っています。

f:id:akasuguope01:20170824211927j:plain

著者:あきこ
年齢:34歳
子どもの年齢:10か月

結婚したものの妊娠できずにずるずる数年…「いつかできるといいな」と深く考えていなかったこともあって、結婚後7年という少し遅い妊活をスタート。1年がかりで待望の赤ちゃんを授かり、でてきた可愛い男の子の毎日にメロメロになりつつ、常に寝不足に悩まされながら日々を過ごす新米ママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。