ゼクシィBaby みんなの体験記


1歳11ヶ月で虫歯になってしまった!歯医者選びが大切だと感じた出来事

f:id:akasuguope01:20170825230406j:plain

元々歯磨きが嫌いだった息子。歯磨きをしたくないと泣き叫びイヤがる息子をどうにかあやしながら、鏡で口の中を見せ「口の中に虫がいた!」などと言っては、どうにかこうにか歯磨きをしていた私。

 

ですが、やはりきちんと磨けていなかったためか、息子が1歳11ヶ月のときに、1個虫歯を発見してしまったのです。がっくりして、私がもっとちゃんと磨けば……と後悔の嵐でした。

そして、歯磨きでもこんなに泣き叫ぶのに、歯医者さんなんて無理だよね……、でも痛くなってからはまた大変だから行くしかない、そう不安をいだきつつ、歯医者さんに行くことにしました。

家の近くにある小児歯科を訪れました。小児歯科なので、キッズルームがあり診察の時間まで遊ぶことができます。今から何をするか分からない息子は、きゃっきゃっと楽しそうに遊んでいました。

予約をしていたので、来院して10分ほどで呼ばれました。ドキドキしながら、診察室へ。 お母さん、抱っこして椅子に座ってくださいと先生に言われ、その通りに座りました。キョロキョロする息子をよそに、椅子の背もたれが倒れていきます。

先生が「こんにちは~」と息子に話しかけました。「お口の中にいるバイキンマン見せてくれるかな?」と先生が言うと、口に力を入れ、絶対見せないよっと言わんばかりの息子。

すると、先生が歯に風をおくる機械で息子の顔にシュッと風をあて遊び始めました。すると、あんなにかたくなっていた息子がケラケラと笑い始めたのです。すごい!と私は思いました。

さらに「もう一度お口の中のバイキンマン、ちょっとだけ見せてね~。シュッと風で飛ばしちゃうぞ!」と先生が言うと、息子はなんとあーんっと大きな口を開けたのです。
私は驚きのあまりぽかーんとしていました。

歯磨きで毎日あんなに泣け叫ぶのに?と。

口を大きく開けた息子に先生は、「バイキンマンいなくなれー!」と言いながら、シュッシュッと風を歯にあてていました。そして、こうおっしゃったのです。

「今日はこれで終わりです。子供にはいきなり治療を開始しないで、少しずつ慣れさせ歯医者への恐怖をなくしていきます。あと1回くらいお遊びをしてから治療に入りたいと思います」と。

まさかそんなに慎重に進めていくとは思わず、でも息子の様子をみるとこれは必要な過程だと思い次の予約を取りました。

それから2日後、2回目の診察にいきました。2回目は水が出る器具をつかって口の中に水を入れ、ぺっと吐き出す遊びをしました。さらにその2日後に、3回目の予約です。

3回目はいよいよ治療開始。歯を削るキーキーという音は大丈夫だろうか?と親の心配をよそに、息子はさっそく大きな口を開けていました。そして歯を削ってもビクともせず、余裕の笑顔すら見せているのです。

 

先生は「これでバイキンマンがいなくなったよ。あとは、バイキンマンがもう来ないようにお薬塗るからね」と薬を詰め始めました。そして、なんと一度も泣くことなく終了したのです。

さすが小児歯科の先生です。感服しました。

そして先生のおかげで、なんと息子は歯磨きも泣くことなくすんなりとやってくれるようになったのです。本当によかったと思っています。

f:id:akasuguope01:20170825230512j:plain

著者:かな6
年齢:29歳
子どもの年齢:0歳、3歳、7歳

3児のママをしています。3人とも男の子で、毎日小さな怪獣達と葛藤しています!自分の体験談や子0歳、3歳、7歳の子供の情報を、みなさんと共有しあえたらいいなと思います。主にわたしが育児中に起こった出来事を書いていきます。よろしくお願いいたします。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。