妊娠・出産・育児の情報サイト


【医師監修】赤ちゃんの向きグセの原因は?どうすれば治る?頭の矯正は必要? 小児科医 北浜直先生に聞きました

f:id:akasuguedi:20171212000748j:plain

f:id:akasuguedi:20170930001752p:plain

向きグセの逆側に赤ちゃんの頭を向かせても、身体をそりながら戻ってきてしまう…。気づけば息子の頭は三角形に!!という、ぽんぽんさんの体験記にあったように、赤ちゃんの向きグセに悪戦苦闘頭し、頭の形を不安に思うママは多いと思います。

向きグセや頭のゆがみはどうして出来るの?頭の矯正は必要?など、気になるポイントを「北浜こどもクリニック」北浜直院長に聞きました。

 

赤ちゃんに向きグセがあるのはどうして? 頭の形がいびつにゆがむ原因は?

 「生まれてすぐの赤ちゃんに向きグセがあるのは、ママのおなかにいるときの赤ちゃんの姿勢によるもの。左に向きグセがある赤ちゃんは、ママのおなかのなかで頭を左に寄せる姿勢をしていたと言えるでしょう。赤ちゃんの頭蓋骨はとてもやわらかいため、ちょっとした圧力によっても、ゆがみや変形が生じてしまいます。そのため、おなかのなかにいるときには既にゆがみが生じているのです。

そして分娩も、赤ちゃんの頭の形を変える要因になります。頭蓋骨は複数の平らな骨で構成されているのですが、赤ちゃんの頭の骨はそれぞれが固まっていないため、自然分娩で産道を通るときは、骨同士を重ね合わせ頭を縮小させます。狭い産道からの圧力も加わり、生まれたての赤ちゃんの頭はどうしてもいびつな形になってしまうのです。

吸引分娩をした場合、引っ張った箇所の頭が尖ってしまうこともありますが、このような極端なゆがみは一時的なもの。すぐに元に戻るので心配要りません。

さらに、赤ちゃんは、ほとんどの時間を寝て過ごしますが、向きグセがある方向に重力がかかり続けることで、ベッドや布団に接する頭部はより平らな形に。産後の生活環境により、ゆがみはますます悪化してしまいます。

赤ちゃんの頭のゆがみを作るのは、胎児の頃の姿勢、分娩時の状況、産後の生活環境。この3つが主な原因と言えるでしょう」。

 

頭の形を治すには、どうすればいい? ドーナッツ枕は必要?

「頭の形のゆがみを治すには、向きグセにかかっている圧力を分散すればいいのです。一番効果的なのは、赤ちゃんを抱き上げる時間を長くすること。赤ちゃんを抱き上げる時間が長ければ長いほど、向きグセにかかる圧迫が減り、重力が分散されるため、ゆがみを自然に治すことができます。

実際に、頭の形のゆがみが目立つのは2人目以降に多く、お母さんが上の子のお世話で忙しく、赤ちゃんを寝かせがちにしてしまう状況が伺えます。

ドーナッツ枕に寝かせる、丸めたタオルを赤ちゃんの背中にあてがうなどの方法もありますが、結局、寝る姿勢に対してゆがみが生じてしまうこと、赤ちゃんが動くようになるとずれてしまうなどの理由から、矯正効果はあまり期待できないと思います。

抱っこの時間を長くすることは、親子のスキンシップにもつながるため、まさにいいことづくしの方法と言えるでしょう」。

 

ヘルメットによる頭蓋骨矯正はしたほうがいい?  

赤ちゃんは頭が大きく髪の毛が薄いので、どうしても頭の形が気になってしまいますが、生活環境によるゆがみの9割は、頭蓋骨の成長とともに解消するので心配しないで大丈夫です。多少、ゆがみが残ったとしても、髪の毛がフサフサしてくれば頭の形は目立たなくなります。

ヘルメットによる矯正治療が必要になるのは、頭蓋骨の形状異常により脳を圧迫してしまうなどの病的な場合。そこまでゆがみが目立つケースは、乳幼児健診などで医師が気づくはずですが、不安が残る場合は、かかりつけの小児科医に相談してみてください」。

 

f:id:akasuguedi:20171212184833j:plain

北浜 直 先生 「北浜こどもクリニック」院長。

小児科専門医 「どんな些細な相談でもウェルカム」という理念のもと「地域に密着したママの駆け込み寺」を目指し、小児科一般、アレルギー疾患、未熟児フォローアップ、育児相談、これからママになる妊婦さんの相談(プレネイタル外来)も受け付けている。