妊娠・出産・育児の情報サイト


歯並びへの影響や虫歯のリスクなど、おしゃぶり良いイメージがなかったけれど、使ってみたら…

 

f:id:akasuguope01:20170827101440j:plain

長男を出産後、完全母乳で育てていたのですが、歯が生え始めた生後9ヶ月頃をきっかけにミルクに移行しました。

母乳のころは、寝付くまで吸っていることができるのですが、ミルクだと寝かしつけが難しく、おしゃぶりの購入を検討しました。

ですが、おしゃぶりを使用している友人の子たちは、癒合歯(ゆごうし)と言って、歯が2本くっついて生えてしまっている子が多いイメージ。

さらに、おしゃぶりを卒業できず3歳頃になってもおしゃぶりを使っている子もいたので、私のおしゃぶりに対するイメージがあまりよくありませんでした。

 

おしゃぶりを使うことによって、母乳の時と同じような感覚で入眠しやすかったり、ぐずぐずしているときにおしゃぶりを使うと安心したりと、メリットも沢山あるようなのですが、デメリットとしても、虫歯になりやすい、歯並びが悪くなる等もあって、おしゃぶりを使うべきかとても悩みました。

主人とも何度も話し合った結果、一度どういったおしゃぶりがあるのか見に行ってみることにしました。

 

 

思っていた以上にさまざまなタイプのおしゃぶりがありました。

月齢によってもタイプが違ってきて、形やサイズまで多彩。

可愛いキャラクターのものや、きれいなデザインだったり、見た目も可愛いものばかりで、必要でなくてもついつい買いたくなってしまいます。

その中でも、私たちが使ってみようと思ったのは、歯並びが悪くならないおしゃぶりでした。

歯並びが悪くなりにくいおしゃぶりのようで、形も他のものとは少し違い、乳首のところが少し上に向いているような感じです。

お試しに1つ買ってみようということで、購入してみました。

帰宅後、一度洗い消毒してから、息子に渡してみたのですが、最初はとても嫌がりました。

どうしたら吸い付いてくれるかなと考え、母乳を少し乳首にかけると、ちゅーちゅーと吸い始めました。おしゃぶりをちゅーちゅーと吸っている姿はまさに天使でした。もはや、歯並び云々などどうでも良いくらい、ただただ可愛いかったです。

最終的に卒乳した1歳1ヶ月までおしゃぶりを使い続けました。

卒乳とともにおしゃぶりも使わないように気をつけていたら、わりとスムーズにおしゃぶりも卒業できました。

 

 

今では、2歳7ヶ月になる息子ですが、結局癒合歯が生えてしまいました。

上の前歯がくっついているのですが、そのほかの歯はきれいに生え揃っています。おしゃぶりのせいかどうかは不明ですが、きちんと歯磨きをして、定期的に歯医者に通っています。

癒合歯とはいえ、乳歯を常に清潔に、歯磨きを怠らないようにすれば、虫歯にもなりにくくなり、歯並びも悪くなっていかないと言われました。

おしゃぶりをしている姿も可愛くて、今では良い思い出に。

結果的におしゃぶりを使ってよかったなと思います。

 

f:id:akasuguope01:20170827094843j:plain

著者:木村えま
年齢:21歳
子どもの年齢:2歳3ヶ月、7ヶ月

2歳3ヶ月、7ヶ月の年子兄弟のママです!10代で妊娠、出産と早くに子供を授かり、日々、育児に家事に仕事と目まぐるしい毎日を送っていますが、子供達に癒され励まされ、育児に奮闘中です!沢山の方々と、色んな情報を共有できたら良いなと思います、よろしくお願い致します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。