妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠31週から現れたむくみは静脈瘤だった!1日中立ちっぱなしの仕事に要注意

f:id:akasuguope01:20170825141752j:plain

私には3人の子どもがいます。

上の子ども2人のときは、私は仕事をしておらず専業主婦でした。
妊娠中はそこまで忙しくなかったためか、どちらもトラブルはなく、太りすぎのための妊娠線くらいで無事出産できました。

その後、2番目の子どもが11ヶ月のときに働きはじめ、そこから1年半ほどして3人目を妊娠しました。

基本的にとてもハードな仕事で、午前中は立ちっぱなし。午後も半分は立ちっぱなしの体力勝負なところがある仕事内容。
私は、上の子ども2人のときは、大きなトラブルもなく過ごしていたので、「今回も大丈夫だろう」と、妊娠してからもバリバリと仕事をこなしていました。

3人目ということもあり、妊娠7ヶ月ころにはお腹はだいぶ大きくなっていました。
それでも大きなトラブルがなかったため、相変わらず仕事中は立ちっぱなしの状態でした。

そして妊娠31週に入ると、さすがに1日立ちっぱなしでいると足の浮腫が気になるようになりました。

 

 
「お風呂でマッサージをしてみよう」と、大きなお腹がじゃましてよく見えていなかったのですが、よーく見るとふくらはぎに、なにやらもこっもこっとしている青い部分がありました。

「なんだこれ!?」と初めての見たときはびっくりしました。

お風呂から上がり、すぐにインターネットで調べました。
すると静脈瘤であることがわかったのです。

経産婦、立ち仕事、肥満…自分に当てはまっていることが原因に上がっていました。
「あぁ静脈瘤になってしまったんだ…」と、焦りました。

まだあと産休までは1ヶ月以上あり、これからさらに体重は増え、それに伴って足への負担も増していくことに…。
「そうなれば静脈瘤もよりひどくなるかもしれない」、そう思いました。
このままではいけないと、慌てて仕事中にはける着圧タイツを買いました。
夜は足を高くして就寝。血流がよくなるよう、できるだけ冷やさないようにもしました。

ヒヤヒヤしながら仕事をしましたが、そのおかげか、それ以上ひどくなることはなく、産休に入るまで立ち仕事を続けることができ、無事出産できました。

 

 

現在産後1年以上たちますが、まだすこしもこっとしたところが残っています。
もっと妊娠の早い段階から、むくみ対策を行っておくべきだったと後悔…。

次があったらもっと早くから対策していきたいです。

 

f:id:akasuguope01:20170825141335j:plain

著者:ちょっぴー
年齢:27歳
子どもの年齢:5歳、3歳、1歳

現在、三人の子育てに、毎日毎日奮闘中です!好き嫌いの多い子どもたちに、苦手なものをいかにばれないように食べさせるかを考えならがら、食事作りしています。仕事と家事と育児に毎日大忙しですが、あっというまに大きくなる子どもたちの成長に驚かされることばかりです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。