妊娠・出産・育児の情報サイト


アレルギー用ミルクを飲ませたら一口でNG!息子が飲めるものを探すためにやったこと

f:id:akasuguedi:20171229003520j:plain

f:id:akasuguedi:20171229003931p:plain

長男の出産後母乳のみで育てる予定でしたが思うように母乳が出なく、仕方なく混合に切り替えました。


初めてドラックストアでミルクコーナーを見た時に、ミルクの種類の多さに驚いたのを覚えています。
沢山ある種類の中で何を選べばいいのか分かりませんでした。


一体、息子がどれほど飲むのかも分からず、とりあえずは800グラム入りの缶を2種類ほど購入しました。

しかし、購入してから分かったのですが、一度缶を開けると1か月以内で使い切らないといけないのです。


ですが、私は知らず一気に2缶も封を開けてしまいました。


コーヒーなどに使う粉状のコーヒーフレッシュのように1か月以上もつものだと思っていたためとても驚きました。
800グラム2缶を1ヶ月以内で使い切れるわけもなく、「無駄遣いをしてしまった」と、今は後悔しています。

 

そんなミルク購入の失敗を経て6ヶ月の離乳食期になった頃、息子は少量ですが牛乳にアレルギー反応が出てしまいました。

これで通常の粉ミルクが使えなくなってしまったのです。

その時はちょうど新しいミルクを購入した直後でしたので、どうしようもないことですが、「またもったいないことをしてしまった…」と思いました。


アレルギー用のミルクは1缶あたりの量も少なく、しかも味は今までの粉ミルクと違っていました。


しかも値段は割高で、通常のミルクのように小分けパックやお試しサイズといったものが販売されていません。

試すこともできないまま500グラム近い缶を購入するしかありませんでした。


さっそく調乳してあげてみると、息子は一口飲んだところで吐いてしまいました。

 

 

「味が問題なのかな」と思って少し舐めてみたのですが、チーズのような少し酸味がする味で、独特の匂いもしました。


そして結局息子はこのアレルギー用ミルクを飲んでくれませんなかったのです。
仕方なく、アレルギー用のミルクを片っ端から買い集めて、息子の口に合うミルクを探すしかありませんでした。


本当に苦労したのを覚えています。ほぼ全種類のアレルギー用のミルクを試しました。
費用はかさむし、息子が飲まなくなったアレルギー用のミルクと、飲めなくなったアレルギー用ではないミルクのストックが大量に余ってしまいました。


私は母乳とミルクの混合でしたので、母乳に影響があるのではないかと私が牛乳を飲むこともできない状態でした。

 

 

仕方なく、主人の料理や主人が飲むコーヒー用のミルクとして使用しました。
結局1番息子が飲んでくれたアレルギー用ミルクを採用し、その後もそれを購入するようになりました。

「アレルギー用ミルクのサンプルが手に入ったらな…」と思った出来事でした。

 

 

 

f:id:akasuguope01:20170827000959j:plain

著者:tatto
年齢:27歳
子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠24週

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。 最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。