妊娠・出産・育児の情報サイト


新生児期はびっくりするくらいあっという間。赤ちゃん服は買いすぎ注意!

f:id:akasuguope01:20170825171952j:plain

赤ちゃんの成長はビックリするくらい早いですよね。

個人差はあると思いますが、大体の子は生後2ヶ月にもなると体重は生まれた時の約倍になり、身長も10㎝くらい大きくなってくるのではないでしょうか。

となると、悩むのが服です。

お母さんの中には「え?ぶかぶかだったのにもう合わなくなってる!」とビックリされた方は少なくないと思います。私も、物忘れが酷いせいか2人目の時でも「ゲゲッ?もう?」とビックリしてしまいました。

だからと言って少ない枚数だと、ミルクをよくもどしてしまったり、うんちが漏れたりすれば着せる服が足りなくなって困ってしまいます。


私の長男と長女、違った二人の新生児期についてお話したいと思います。

長男と長女は体重や身長の成長スピードはそんなに変わりませんでしたが、決定的な違いがありました。

長男はよく母乳を戻す子で、飲めば出し、出しては飲む子で、一日10回くらいは着替えさせていました。またちょうど生まれたのが真冬の寒い時だったので、洗濯物が全然乾かず、何度母にコインランドリーで乾燥してもらったか…。

長男は着替えの量が必要なタイプでした。

それとは真逆で長女は一度も母乳を戻すことはなく、沐浴後に着替えるのと、寝汗をかいているので朝着替えさせるくらいでした。

兄妹なのにこうも違うものなんですね。

ですが、長女は太ももがとっても太かったんです。ムチムチしていて可愛いのですが、ボタンタイプの肌着だと一瞬で合わなくなってしまいました。

長男のことがあったので、多めに準備をしていたのですが、ボタンタイプは中には一度も着せることなくサイズが合わなくなった物もありました。


そこで私なりに出した結論です。

出産前の新生児の服の準備は、肌着は紐で結ぶタイプで、長着短着は4セットくらい!
ボタンでとめるタイプはとっても楽なのですが、太ももムチムチちゃんな娘にはすぐに合わなくなってしまいました。

反対に、紐タイプは長い間着せられたので助かりました。

そして、その子その子で必要枚数が違ってくるので、生まれてきた赤ちゃんの様子を見てから買い足していくのでも遅くはなかったと思っています。

f:id:akasuguope01:20170825170335j:plain

著者:ゆち
年齢:32歳
子どもの年齢:8歳、8ヶ月

早生まれで暴れん坊将軍な8歳の息子と、暴れん坊副将軍な8ヶ月の娘の母です。日々子供達と激しい戦を繰り広げながら、気づけば寝るという毎日を過ごしております。最近では落ち武者のようにはげてしまうのでは?と思うほどの抜け毛に悩まされておりますが、持ち前のポジティブシンキングで現実逃避をしております。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。