妊娠・出産・育児の情報サイト


緊急帝王切開で出産。出産後に母乳が思うように出ず、不安に感じた私がやったこと

f:id:akasuguope01:20170907203921j:plain

私は現在、生後8ヶ月の男の子の育児に奮闘中です。

初めての子どもで全てが未経験。吐乳や乳児湿疹など、さまざまなことに日々おろおろしてしまいます。

それでも息子は熱を出すことなくすくすくと育ち、今では体重も9キロ近くに。

「風邪をひかないのは、きっとおっぱいのおかげだね」と、周りによく言われます。

 

息子が欲しい時にすぐに飲ませることができるし、なにより私の免疫を息子に与えることができます。

また出かけるにしてもミルクの支度をしなくて済むので楽ちんです。

 

今ではおっぱいが出て当たり前なのですが、息子を出産した直後からはおっぱいが出るかどうか、不安でしかたありませんでした。

私は妊娠高血圧症候群と診断され、その日のうちに急遽帝王切開になりました。

あれよあれよという間に出産し、麻酔から覚めて息子の姿を見てひと安心。

ですが、すぐにハッとしました。

母乳っていつ出るんだろう…」。

自分は自然分娩だとばかり思っていたので、出産直後は分娩台に乗ったまま、初乳を赤ちゃんに与えるという像ばかり頭に描いていました。結局、それは叶いませんでした。

「帝王切開の場合、母乳の出に影響はあるのだろうか…」、そんな不安が頭に浮かんできたのです。

当時は術後の説明を聞く事でいっぱいいっぱい。ようやく落ち着いて助産師さんから話を聞くことができたのは、翌日になってからでした。

「帝王切開でも母乳って出るようになるんですよね?」恐る恐る聞くと「もちろんですよ」と返答がありました。その言葉にほっとしました。

それでもやはり自然分娩の人と比べると出始めるのが遅いのか、出産2日目でもなかなか出ません。

 

 

それでも母乳を頑張ると決意していたので、定期的に息子におっぱいを吸ってもらいながら助産師さんからもマッサージを受けました。

すると3日目ぐらいからだったか、助産師さんが乳頭付近を強くつまむとビュッとお乳がでるように!やったー!あの時の嬉しさと安堵した感覚は一生忘れられません。

「これで息子におっぱいがあげられる!」と、肩から力が抜けたようでした。

それからは順調におっぱいの量も増え、息子もたくさん飲むようになりました。

 

 

今は、歯も生えてきたため乳首を噛まれて痛い思いも。離乳食も順調に進んでいるので、おっぱい卒業も間もなくなのかもしれません。

そう思うととたんに寂しい気持になります。そのうちこの感覚も忘れてしまうのかもしれませんが、それでも授乳時の幸せな気持ちはずっと覚えていたいと思います。

 

f:id:akasuguope01:20170907203335j:plain

著者:こぼ
年齢:31歳
子どもの年齢:0歳7ヶ月

0歳7ヶ月の息子の育児に追われている一児の母です。初めてづくしの日々に夫と共に困惑しながらも奮闘しています。そんな楽しみをくれた息子に精一杯の愛をあげたいと思っています。子育て支援センターに通ったり、そこでできたママ友とおしゃべりするのが楽しみになってきたこの頃です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。