妊娠・出産・育児の情報サイト


1歳の誕生日は皆でホームパーティ!いつか「こんなにお祝いされたんだ」と実感してくれるかな

f:id:akasuguope01:20170918143644j:plain

1歳の誕生日、つまり生まれてからはじめて迎えるバースデーは、やはり特別なもの。上の娘の1歳の誕生会は、私も気合いが入りました。

色々考えましたが、私の両親と夫の両親を家に招き、皆で一緒にお祝いをしようということになりました。

 

1歳になる娘が主役なので、晩の時間帯は避け、お昼寝の時間も考慮して、大人にとっては少し早めでしたが、お昼前の11時頃からはじめることにしました。

一番悩んだのは当日の食事でした。

娘には、普段、まだ大人と同じものを食べさせてはいなかったので、娘用に好物のハンバーグや、1歳から使えるケチャップを使ったケチャップライスなどを準備し、お子様ランチ風に盛り付けることにしました。紙と爪楊枝で旗も作りました。

そして、誕生日といえばケーキ!ですが、もちろん普通のケーキはまだ早いと思い、ネットや育児雑誌などを参考にして、丸く切った食パンと水切りヨーグルトとフルーツで、小さなケーキを作ることにしました。

娘はフルーツが大好物でしたが、9月生まれなので、イチゴは時期ではなく、代わりにキウイやオレンジを切って飾りました。二段重ねのケーキにして、数字の「1」の形の赤いキャンドルを飾ったので、イチゴがなくても可愛いケーキができたと思います。

ただ、子供の世話をしながらそれらを作り、さらに大人数の大人の食事の支度をするのは難しいと思ったので、悩んだ挙げ句、両方の両親にお願いして、それぞれ、大人のためのおかずを一品づつ持ち寄ってもらうことにしました。
そのおかげで、私は大人用のおむすびをむすぶだけで済み、後は娘のための支度に専念できました。


それでも、前日から掃除を念入りにしたり、部屋の飾り付けをしたりと、準備はかなり慌ただしかったです。

そんな中、当日、娘はかなりご機嫌で、生まれてはじめてのお子様ランチに、ケーキに大興奮!満面の笑みで頬張る姿を見たら、頑張って良かったと心から思いました。

1歳なので、本人の記憶には残らないと思いますが、その分たくさん写真を撮ったので、大きくなったときに写真を見返して、「ああ、こんなにお祝いされたんだな」と喜んでもらえたらいいなと思います。

また、祖父母たちも一緒にお祝いできて娘の喜ぶ顔が見られて、大喜びだったので良かったです。

f:id:akasuguope01:20170918102722j:plain

著者:koge
年齢:36歳
子どもの年齢:4歳、0歳4ヶ月

幼稚園年中の長女と生後4ヶ月の次女の二人の育児に奮闘中。長女一人だった時とは違い、子ども一人ずつに向き合う時間がうまく取れないのが悩ましい所。子どもの前ではなるべく笑顔でいたいなと思いつつも、忙しくてイライラして、長女をつい叱ってしまい自己嫌悪に陥ることも多々あります。子育てって理想通りにはなかなかいかないものですね。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。