妊娠・出産・育児の情報サイト


産後の外出は車派!子どもとの外出、今だけと思って楽しんでいます

f:id:akasuguope01:20170926103747j:plain

現在11ヶ月、4歳の二人の育児中です。

1人目のときは、里帰りはせず、自営業の実母が仕事を休んで1週間ほど、2人目の時は姑が1ヶ月ほど、手伝いに来てくれました。

産後1ヶ月間は、赤ちゃんもお医者様からのOKが出るまで連れ歩くことは難しいですよね。ですので、その期間は買い物も、夫や母に頼んだり交互に行ったりして過ごしました。

1人目のときのはじめての外出は1ヶ月健診でした。赤ちゃんも自分も問題ないと診断を受けたものの、出産時の裂傷がひどく痛みがなかなか引かなくて、その後出かけたいという気持ちにはなかなかなれませんでした。内祝いを買うなど用事があるときだけ出かけるようにしました。

私は首都圏郊外在住ですが、外出は9割方車で、電車やバスなどはほとんど利用しません。それは子どもが生まれてからより顕著になりました。

子どもが泣いたときやおむつ替え、授乳などは、公共交通機関より車の方が便利だからです。かさばる荷物も、車なら苦になりません。

外出先には駐車場があること、感染症を恐れて人込みでないことを中心に選んでいました。

季節の花が咲く公園だったり、少し足を延ばして水族館など子どもが喜びそうなところへ出かけ、生後半年頃には一泊の温泉旅行もしました。

露天風呂付きの客室で、隣接した部屋のないところと少し奮発しましたが、おかげでのんびりとできました。

2人目の時は、産後ちょうど1ヶ月のときに、上の子の幼稚園の運動会がありました。
運動会はとても暑い日で、産後の体には堪えました。

赤ちゃんは幼稚園の休憩室を利用させてもらえ、上の子の出番のときは姑が抱っこ、それ以外は私がみていました。出産直後だったのに無事上の子の勇姿を見ることができてうれしかったです。

それ以降今にいたるまで、外出は上の子が楽しめる場所が中心です。

必要な買い物などで出かけるときも、そこから遊べるところを探したりして出かけています。

私は母乳育児なので、いつでも場所が許せば授乳できますし、授乳ケープを使うよりも、赤ちゃんの頭・体ごと覆ってしまえる服を選んで、必要なときにいつでも授乳できるようにしています。

 

車で外出するとき注意しているのは、あまり長時間になるような場合、なるべく休憩をとることです。

時に、子供に振り回され煩わしいこともありますが、たまに一人で出かける機会があっても、なんだか落ち着かなくなってしまい、こんな風に出かけるのも数年の間のことなのかなと思います。

いつか、子供たちも運転手になってくれて、家族みんなで交代で車で出かける日が楽しみです。

 

f:id:akasuguope01:20170926103850j:plain

著者:ごろう
年齢:35歳
子どもの年齢:4歳、0歳11ヶ月

おしゃれが大好きな4歳の娘と、ただただかわいい癒しの0歳児(だんだん怪獣化しつつあり)、二人の娘を授かり母親をしております。大変なことも多いですが子供たちの成長の早さを見るにつけ、これは今だけの幸せなんだなと思うようにして日々乗り切っております!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。