妊娠・出産・育児の情報サイト


マタニティヨガでリラックス。病院内で行ったので安心感がありました

f:id:akasuguope01:20170926121522j:plain

妊娠中、安定期に入ったらやってみたい事のひとつにマタニティヨガがありました。ダンススタジオや、イベント会場などでもやっている講座もありましたが、万が一の事を考えて、安心な病院内でのイベント講座に参加してみました。

マタニティヨガは、妊婦さんにでもできるように無理のないプログラムで構成されています。普通のヨガと同じく呼吸が大切で、あとは瞑想やヨガのポーズをとることで、リラックスの効果もあるそう。

私は、肩こりや腰の痛み、そして冷えもあったので、少しでも楽になればいいなと言う期待がありました。


マタニティヨガの間はゆったりとした時間が流れ、リラックスでき、精神的にもプラスになりました。

何より同じ妊娠中の方がたくさん来ているのでお話もでき、それがよかったと思います。股関節まわりの筋肉が柔軟になるポーズもあり、安産にも効果的のようで妊婦にはピッタリです。

そして私が1番悩んでいた腰痛。この腰痛に効くポーズが四つん這いになって背中を反らしたり丸めたりするポーズでした。これを行うと腰だけでなく背中の凝りも楽になり、ヨガをしてよかったなと思っています。

ある時、看護師さんが「こういう時間を持つことで赤ちゃんとの繋がりを感じられるようになるんだよ」と言っていました。確かに、毎日上の子の育児や家事に追われてなかなか赤ちゃんと向き合えてなかった自分に気づきました。ですが、マタニティヨガで少しでも赤ちゃんのことを考える時間ができたように思います。

ヨガでリラックスしているとお腹の赤ちゃんをしっかり感じることができ、誕生がとても楽しみになりました。

産後にもこのヨガが役に立つことがありました。子どもを抱っこする時間が長くなり、背中や腰の張りが気になるようになってきたのです。腰痛に効くポーズをちょっとした時間にやってみると、筋肉がほぐれ張りが楽になりました。産後のリラックスや運動にも役立っています。

私が通っていた病院では、マタニティヨガは医師の許可が必要。実際に私も体調をみながらやりました。大切な時期ですので、看護師も見守ってくれている中行える病院内でのヨガは安心感がありました。

出産の時にうまくリラックスできるようにとイメージトレーニングの時間もあり、とってもありがたい時間でした。

 

f:id:akasuguope01:20170926121649j:plain

著者:もも
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳、0歳10ヵ月

早産で小さく生まれた息子と、やんちゃな娘のママです。甘えん坊で、人が集まる場所では、ママから離れられない息子が幼稚園に行きだしてからしっかりとしてきて一安心。妹は社交的でやんちゃ。正反対な子どもたちと毎日楽しく過ごしています。お料理やパン作りが好きで、休みになると息子と一緒にキッチンに立っています。楽しく育児!頑張ってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。