妊娠・出産・育児の情報サイト


3人の新生児で3種類使ってみたベビーバス。経験した私が一番使いやすかったのは…

f:id:akasuguope01:20170919061339j:plain

我が家は2年ごとに3人の子どもを授かりましたが、ベビーバスは借りたり、購入したりと3人とも違うものを使いました。

ここでは使ってみたそれぞれのベビーバスのメリットデメリットなどをお話したいと思います。

初めて使用したベビーバスは友人に貸してもらったポリプロピレン製のシンクで使うタイプのものです。

使わない時にはかさばりますが、安定感もあり赤ちゃんを支える手もしっかりと固定できて使いやすかったです。

使用後もさっと洗え、さかさまにして空干しできるので1ヶ月間快適に使用できました。

2人目出産の時は空気を入れて使うタイプを使用。

こちらも台所のシンクにはめ込んで使用でき、お風呂場に行かなくても手軽に入浴をさせることができました。

毎日使用するものなので、いちいち空気を抜くことはせず1ヶ月間はふくらました状態のまま空干しして使用しました。

エアタイプのベビーバスを使用してみて感じたのは、クッションの隙間に汚れや水が溜まりやすいので、洗うのが桶タイプのものより大変なことと、しっかりと洗ったあとに完全に乾かすのが若干面倒でした。

また、赤ちゃんの腰や首を固定するためのクッションが付属していたのですが、ここに髪の毛がはさまったり、接着部分のマジックテープがちくちくするのが残念ポイントでした。

1ヶ月の使用期間が終わればコンパクトになるところがメリットですが、これもきちんと清潔にしてしまわなければカビや張り付きが心配です。

 



3人目はエアタイプのベビーバス以外にバスチェアも借りて使ってみました。

上の子がまだ小さかったのでなるべく同時にお風呂に入れたいというのもあり、シンクではなくお風呂場にベビーバスを持ち込んで使用しました。

便利でしたが、バスチェアは慣れないと嫌がってしまい、大変でした。他の兄弟を同時にお風呂に入れるのは、生後3カ月以上になってからが良さそうです。

私の経験では生後1ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんは、台所のシンクで立った状態でささっと入浴させられるのが腰への負担もなく一番便利でやりやすかったです。

あとは、シンク用のベビーバスを購入するときは、サイズをしっかり測るのが大事だと思います。

エアタイプやポリプロピレン製の他、マットタイプやプラスティック製ですが折りたたみタイプのベビーバスなどもあるようです。

 

 

ベビーバスを使うのはほんの短い期間ではありますが、毎日使うもの。使いやすいものを見つけると、沐浴の手間がガラッと変わるなと感じました。

 

f:id:akasuguope01:20170919061147j:plain

著者:こけもも
年齢:45歳
子どもの年齢:2歳、4歳、6歳

不妊治療を経て、2人の子供を授かりました。不妊症だけでなく、不育症の症状もありました。ところが奇跡の3人目の自然妊娠!予定外で戸惑いましたがありがたいことです。つわりは3人ともとてもひどく妊娠中も体重がほとんど変わらない状態でしたが、3人産んでひと段落たった今ものすごい勢いで太り始めて困っています…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。