妊娠・出産・育児の情報サイト


保育園に入れなかった。託児所付きの職場で先輩ママたちに励まされて

f:id:akasuguope01:20170922222246j:plain

現在、1歳4ヶ月の息子がいます。
我が子が生まれる前から、保育園にいつから預けていつから働くのかと計画を立てていました。ですが、今思えば私は育児の実態、保育園の実態を全く知らなかったのです。

まず保育園に入園するために、必要なことを知らなければいけません。
入園できる条件や必要な書類など、市役所のホームページでしっかり調べました。そして実際に書類をもらってもわかりづらいところも多々あったので、電話で問い合わせることも必要でした。

これで大丈夫、やっと入園……と思いきや、最近話題になっている待機児童。

0歳枠なら、まだ空きはありましたがもう1歳になった我が子は入れませんでした。
待機児童解消のために家庭保育や小規模保育などを実施する市区町村もありますが、人数が限られており大抵は満員。

つまり、誰かが引っ越しや保育所の入園資格をが取り消しにならない限り待機児童の枠が空くことはありません。

これは想定外。こんなに大変なのか思いました。

中途入園(1~12月)よりも一斉入園(4月)で申請したほうが、入園できる可能性が高いと市役所の方に言われ途中入園も断念。

これでは仕事ができないので、私はそれからは託児所付きの職場を探しました。

幸いなことに働くことはできましたが、風邪をもらい、熱を出し、治った!と思ったら次はじんましん……と病気が続き、37.5℃以上の熱がある場合は預けられないので、仕事も休みがちになりました。

この頃の我が子を思い出すと、今でも辛いです。夜に何度も泣き、体がすごく熱く、鼻水が途切れることなくズルズルと出て、息がしづらそうでした…。

予想外のことが続き不安になりましたが、託児所付きの職場ということもあり、良いこともありました。

職場には先輩ママが多く「保育所に入ったらみんな通る道だからね」と休みがちな私のことも皆さん温かく受け入れてくださいました。
そして、色々とアドバイスをくれました。

集団生活をはじめると必ずと言っていいほど、子どもは熱が出たり風邪をひくもの。夜も泣き、母子ともにつらいことになることも多い。でも、それを乗り越えれば体に抵抗がつき、すくすく成長するよ、と。

先輩たちの声に励まされます。今は大変かもしれませんが、子どもの成長とともに、今を乗り切りたいと思います!

f:id:akasuguope01:20170922222353j:plain

17歳で出産を経験した、一児の母です。何もかも初体験で始めは大変でしたが、今は大切な我が子と毎日奮闘中。この時間もあっという間に過ぎていくと思うので、今を大事にしたいです。子どもにとっていい母親となれるように日々努力、我が子とともに日々成長中です。一番好きな時間は我が子と音楽を流しながらダンスを踊ること(笑)。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

著者:ホワイトスター
年齢:18歳
子どもの年齢:1歳4ヶ月