妊娠・出産・育児の情報サイト


現在育休の真っ最中。親子でふれあう有意義な時間を過ごしています

f:id:akasuguope01:20170922211619j:plain

1人目の育休中は、秋から冬というインフルエンザのかかりやすい時期だったということもあり、なかなか外に出られなかった覚えがあります。

ましてや初めての育児で、全てにおいて敏感になっていた私。子供が少しでも鼻水が出たらスグに病院へ連れて行き、完全に治るまで一切家族以外と接触をしないように気をつけていました。なので1人目はとにかく、気の休まらない育児休業だったように思います。

たまにのお出かけや、みんなが集まってクリスマスパーティなどをした時、周りからは普通に見えていたとは思います。ですが、私は内心息子のことが心配でたまらなく、多分疲れで翌日私が体調を崩してしまう、というくらいかなりの神経質になっていました。

そんな1人目が7ヶ月の時に職場復帰をし約1年働き、2人目を授かり、現在は3人目を出産後育児休業中です。

3人目は1人目に比べると、断然育てやすいと感じています。上の子たちの育児経験によって、気持ちに余裕ができ始めたからでしょう。そして、3人目の育児に関しては今のところ大変だなーと思うところはなく、とても充実した育休を過ごしています。


平日の日中は上の子2人は保育園へ通っているため、下の子のお世話に集中ができています。

上の子がいる時は、常に喋って動いているので、下の子の休まる時間がありません。ですので、保育園中は上の子に邪魔されず、ゆっくり寝ることができます。

そして、わたしも上の子が保育園へ行っている間に家事を済ませられて、少し手の込んだ夕飯も作ることができています。お買い物も下の子は抱っこしていればスグ寝てしまうしとても静かでいてくれるので、ゆっくりと自分のペースで見ることができています。

もちろん上の子との時間も大切にしていて、保育園の帰りにアイスを食べにいったり、キッズスペースのあるところで遊ばせたり、保育園のお友達と遊んだりと充実。

時間に余裕があるので、上の子に対しても穏やかに接することができています。

主人も、下の子が生まれたことによって、育児に割と協力してくれるので、主人がお休みの日には下の子を任せて、私は上の子達と少し遠くへお出かけなどをして親子の時間を取るようにしています。


1人目のときとは随分変わった育休の過ごし方。育休は親子のふれあいのためにとても大事な時間だと思います。この貴重な時間を、育児に神経質にならずに、余裕を持って過ごし続けていきたいです。

f:id:akasuguope01:20170922210939j:plain

著者:み_1
年齢:33歳
子どもの年齢:0歳、3歳、5歳

育休中の3児のママです。普段は医療事務の仕事をしています。一番下が産まれてからは毎日バタバタして時間との戦いです。上の子たちが男の子で、毎日泥棒に入られたような部屋になってしまって、片付けに苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。