妊娠・出産・育児の情報サイト


我が家の不妊治療費はトータルで約2万円!高額にならなかった理由をお教えします

f:id:akasuguope01:20170926140858j:plain

不妊治療というと保険がきかず、治療費が高額になると思う人が多いと思います。私も自分自身が不妊治療を行うまではそう思っていました。

しかし、医療機関で受ける不妊治療にも医師によるタイミング法で短期間のうちに妊娠することができれば、比較的低額で治療を受けられます。

私は、一部保険適用外で自己負担もありましたが、殆どが保険適用での治療を受けることができ、費用の不安を感じずに不妊治療をすることができました。

私は医師の診断の結果、「多嚢胞性卵巣症候群」という病気なのがわかりました。

この病気は軽度な排卵障害の方が多いようで、最近では若い人でも多くみられるようです。
私の場合も軽度でしたので、経口タイプの薬と注射タイプの排卵誘発剤を使用しました。この2つの薬品代も保険適用内でした。

検査代、診察代、薬代を合わせても1回の治療で5千円を超えたことがなかったです。安いときは、1度の診察と薬代も合わせて2千円程でした。不妊治療というよりも調子が悪くて医療機関で診てもらった時のような値段という印象です。

そして幸いなことに、治療を始めてからすぐに妊娠できたので、妊娠できるまでにかかった費用は2万円程で収まりました。

 



確かに、タイミング法で上手く受精できなった場合は、最終的に人工授精体外受精になります。すると高額な医療費がかかってきてしまいます。

治療の進み具合や卵胞の状態にもよりますが、排卵障害が原因の不妊治療だと、私のように治療費の負担が軽くて済むようです。ちなみに私と同じ病気になる人は、女性のうち10人に1人の割合と聞きました。

このような方々が、「なかなか妊娠できない。でも不妊治療は高額だから…」と、諦めてしまってはもったいないと思います。

不妊治療の初期段階では、そこまで経済的負担を強いられることがないということが、あまり知られていないと感じました。

 



友人に不妊治療の話をすると、必ず「高かったんじゃないの?」と聞かれます。不妊治療というと人工授精などの高度生殖治療を想像する方が多いと思います。
私も自分が治療を受けるまでは、そういたイメージが強く、費用が気になって躊躇していました。

でも、自分が治療を受けてみて、いろいろなケースがあることがわかり、よかったです。

f:id:akasuguope01:20170926135135j:plain

著者:み_1
年齢:33歳
子どもの年齢:0歳、3歳、5歳

育休中の3児のママです。普段は医療事務の仕事をしています。一番下が産まれてからは毎日バタバタして時間との戦いです。上の子たちが男の子で、毎日泥棒に入られたような部屋になってしまって、片付けに苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。