妊娠・出産・育児の情報サイト


1日のスタイ交換10枚以上!1時間も経たないうちによだれでビショビショに

f:id:akasuguope01:20170907210808j:plain

赤ちゃんが産まれてからすぐに母乳育児が始まりました。母乳を飲み終えたあとは、赤ちゃんを縦抱きにしてゲップをさせます。まだ上手にゲップができない新生児期は、飲んだミルクがゲボッと出てくることが多かったです。授乳のたびに赤ちゃんと私の服が汚れるのが気になりました。

そこで準備をしていた授乳スタイを使うことに。卵の形をしたスタイで主に授乳用として使います。赤ちゃんの首に挟むだけなので、手軽さが魅力でした。

3枚ほど入院中に用意していたのですが、まったく足らなかったです。スタイの代用としてガーゼを使用した記憶があります。

無事に退院をし、実家で新生児期を過ごすようになっても、昼夜の区別なく頻繁に起きて泣く新生児期は本当に大変です。お産の疲れが解消されないまま育児へ突入し、毎日が疲労困憊でした。

生後1ヶ月のあいだは、1日に授乳回数が10回以上。まだ母乳育児が軌道にのらない時期だったため、ミルクと混合で様子をみていました。

相変わらず授乳をしたあとのゲップでは、決まってミルクを吐きます。さらによだれの量が増え、スタイが手放せない状況になりました。退院してからは、ボタンやマジックテープ付きのスタイを使用していましたが、1日の必要枚数は10枚以上。授乳のたびにスタイを替えていました。まさかこんなに必要になるとは…。

新しいスタイに替えても1時間も経たないうちによだれでビショビショです。使っていたスタイは厚みの少ないペラペラの生地。たまにスタイが顔にかかってしまうこともありました。可愛いデザインで気に入っていましたが、もっと吸収性のある品質のよいスタイを使ったほうがよいのでは?と思うように。

そこで購入したのがタオルの生産地として有名な日本製タオルのスタイです。吸収力抜群の3枚仕立てタイプで、触り心地も最高でした。価格は千円以上と決して安くはない買い物でしたが、使ってみると感動しかありません。吸収性はもちろん速乾性のよさも今までより断然よいです。

そして、私の母が吸収性に富んだパイル生地でスタイを作ってくれました。店頭で買うより材料費も安くすんだため、遠慮なく使えたのもよかったです。

それからは、薄っぺらい生地のスタイは短時間で済むお出かけ用として、普段はタオル製のものと母お手製のスタイを使いました。シーンに合わせて使い分けするのもアリでした。

新生児に限らず、赤ちゃんに適したスタイは吸収性に富んだものが一番だと感じています。また、実際に生地をさわってみて心地よいものを。さらに、赤ちゃんの肌は敏感なので、繊維が外にはみ出ていない生地のスタイを選ぶこともポイントだと思います。

友人へスタイをプレゼントすることがあれば、デザインより質を重視したいです。

f:id:akasuguope01:20170825173725j:plain

著者:ヤングマン
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳、6歳

3歳の娘が幼稚園に入園し、ようやく一息つけるようになりました。自分の時間が持てる幸せを噛みしめている今日この頃です。心に余裕が持てると、育児や家事が効率よく回せる気がします。週末は家族そろって外遊びに夢中です。アラフォーママですが、子どもの元気についていけるよう日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。