妊娠・出産・育児の情報サイト


離乳食を作っては処分する日々が辛い。10ヶ月なのにほとんど食べてくれない…

f:id:akasuguope01:20170926150435j:plain

うちの娘は10ヶ月になった頃に歩き始め、より活発になってきました。

家の階段は下から一人で全部上ることができますし、おもちゃの車にまたがり足で蹴って進んで遊ぶようにもなりました。あり余る体力を発散させてやるために、ベビースイミングにも週3回通っており運動量も多いと思います。

ですが、離乳食は毎食一口食べるか食べないかで、体重が減ってしまったのです。

もともと母乳もそんなに飲まなくて小食だったのですが、今までなんとか食べていたお粥も、10ヶ月の頃は一口も食べてくれなくなって、食べるのは赤ちゃんのお菓子だけという日が続きました。

上の子は、何でもパクパク食べていたので、赤ちゃんは食べるものだと思っていた私。こんなに食べないことに苦労するなんて思いもしませんでした。

 

「果物類やさつまいもならよく食べるんじゃないかな?」と保健師さんからアドバイスを受け、試してみましたが、何も受け付けてくれません。10ヶ月なのに母乳とお菓子だけで過ごしていました。

お粥や軟飯が駄目だったので「普通のご飯にしたら食べ始める子もいるよ」ときいて試してみましたが、それも駄目。離乳食を作っては処分する日々が続き、私も精神的に疲れてしまいました。

そんな辛かった頃、「どうせ何をやっても食べないんだから。元気なんだし、離乳食を作らないで楽したら?」と友人に言われました。

そういわれてハッとしました。確かに離乳食をやめれば気持ちも楽になるなと思いました。そこで、娘は食べませんが、よく動き、笑顔で機嫌もよかったので、医師にも相談して少し離乳食作りをお休みすることに。

全くゼロにしてしまっては食べる意欲がなくなってしまうと思ったので、レトルト離乳食を用意してとりあえずは口に入れてみる、食べないのならすぐにあきらめて嫌な気分を感じないうちに、赤ちゃんのお菓子をあげて食べる楽しみを感じさせてやる、それを続けていくことにしました。



すると、一歳も目前になった11ヶ月に突然食べるようになり、月齢の目安よりも大きめに切った野菜や、普通のご飯を好むようになりました。そして、食べたら大げさに褒める!の繰り返しで、まだまだ量は少ないですがどうにか離乳食を再開しています。

成長曲線から外れ、小さかった体重や身長も1歳目前で下限ギリギリですが成長曲線内に入るようになり、一安心です。

f:id:akasuguope01:20170926151049j:plain

著者:もも
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳、0歳11ヶ月

早産で小さく生まれた息子と、やんちゃな娘のママです。甘えん坊で、人が集まる場所では、ママから離れられない息子が幼稚園に行きだしてからしっかりとしてきて一安心。妹は社交的でやんちゃ。正反対な子どもたちと毎日楽しく過ごしています。お料理やパン作りが好きで、休みになると息子と一緒にキッチンに立っています。楽しく育児!頑張ってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。