妊娠・出産・育児の情報サイト


凄まじき陣痛祭りが佳境に入る頃、やっと分娩室へ──「これでやっといきめる!」 byさやかわさやこ

前回の『長男出産~陣痛編~』からの続きです。

陣痛のマイベストパートナー《水筒のコップ》と共に必死に格闘していましたが、その後もなかなか赤ちゃんはおりてきませんでした。
f:id:akasuguedi:20180213152827j:plain


「こんなに陣痛が来てるのに!」
「こんなに痛いのに!」
赤ちゃんも頑張ってるのに!」
「いつになったらいきめるの!」 
「いつになったら赤ちゃんに会えるの!」 

長丁場の陣痛に体力は奪われ、なかなか進まないお産に不安でいっぱいになりました。子宮口は全開、膜を破いて破水もさせた、陣痛は何時間も弱まることなく続いてる。

でもおりてこない赤ちゃん

このままでは母体も赤ちゃんも弱ってしまう、ということで、子宮口全開から10時間ほど経過した段階で先生から促進剤の使用を提案されました。

もう体力も気力も限界に達していた私は…

f:id:akasuguedi:20180213152946j:plain
そして待ちに待った促進剤投与。「これであと少しで赤ちゃんに会える!」と前向きになったのも束の間、促進剤による凄まじい陣痛がやってきました。 

これは2人目、3人目のときに通常の陣痛で出産したことで気づいたことなのですが、促進剤による陣痛は完全に陣痛祭り。凄まじい勢いでした。

f:id:akasuguedi:20180213153134j:plain
そんな陣痛祭りが佳境に入ったところで、やっと分娩室へ行くことになりました。分娩室へのゴーサインが先生から出た時は「これでやっといきめる!」と嬉しくて、半泣き半笑いでした。

そして分娩台にのると、助産師さんがとなりに寄り添ってくれて、優しく声かけしてくれました。めちゃめちゃ痛いはずなのに、やっといきめる、もうすぐ赤ちゃんに会える、という嬉しさでいっぱいで、助産師さんと「これでやっといきめますー」なんて笑いながら会話していました。

あんなに恐れていた会陰切開もなんのその。
f:id:akasuguedi:20180213153434j:plain


そして陣痛の波に合わせて、これだけ長い陣痛に耐えんたんだ!やっと赤ちゃんに会えるんだ!と全エネルギーを子宮口に集中させいきみました。
いきむとき、職場のおばちゃんが話してくれた言葉が脳裏に。
f:id:akasuguedi:20180213153305j:plain

そして4回いきんだところでストップがかかり、そこからは息を吐きながら赤ちゃんが出てくるのに身を任せました。 

そして昼の12時過ぎ、無事に長男が産まれました。 

陣痛開始から38時間、子宮口全開から12時間、長くて苦しくて痛くたくてたまらなかったけれど、赤ちゃんと対面した瞬間すべて帳消しになりました。

 

後日、産院の方が撮影してくれた出産の様子のDVDを観ました。あの感動の瞬間が動画に…胸をはずませながら再生ボタンを押すと…

f:id:akasuguedi:20180213153523j:plain
自分のあまりの二重あごっぷりに、別の意味で心拍数が上がり変な汗が。想像以上の二重あごのせいで感動台無し。

その後、そのDVDは長男が観たがるとき以外はそっと封印しております。

 

そんなこんなの長男の出産、次回は次男の出産について綴ってみたいなぁと思っております。

 

 

f:id:akasuguedi:20180125101857j:plain

著者:さやかわさやこ
年齢:35歳
子どもの年齢:7歳、3歳、1歳

日々、鬼化が進んでいる主婦。インスタグラムにて育児のことや、育児にまったく関係ないことなどを、夜な夜な描いては投稿しています。ブログ『母ときどき鬼』もぼちぼち更新中です。

インスタグラム:@futomomushi
ブログ:母ときどき鬼

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。