妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫流産の恐怖。胎動がはじまるまで不安な日々を過ごした私の救世主!

f:id:akasuguope01:20171212135245j:plain

私は超がつくほどの心配性です。特に子どものことに関しての心配ごとは募るばかり。

第一子の妊娠時から、周りが呆れるほど心配ばかりしています。

今や3児の母となり、周りからは「もう3人目なら余裕でしょ?」としょっちゅう言われていますが、とんでもありません! 未だに心配ばかりです。

妊娠中の初期、特に胎動を感じるまでは不安で不安でしかたありませんでした。第一子のときは「胎動はいつからかなー」なんてまだ楽しみにしている部分もありましたが、知識や経験が増えた分、第二子や第三子では「胎動、まだはじまらないの? 遅くない?」とか「あれ? 今日は胎動が弱い気がする」など、不安な日々を過ごしていました。

 

妊娠中期に入ると妊婦検診は4週間ごとになりましたが、私は4週間なんてとても待てず、間に4Dエコーを受けに行くなど、なんとかして赤ちゃんの無事を確認していたほどです。

第三子妊娠時もやはり不安でした。3人目のときも妊娠初期から切迫流産になってしまい、ひたすら安静にする日々。時間があるからこそ、余計なことを考えてしまっていたのかもしれません。

 

まだ、胎動を感じる時期では全くありませんでしたので、不安は増すばかり。そんなときに救世主が現れたのです。

妊娠12週の頃、不安を紛らわせるために、スマホでネットサーフィンをしていたのですが、赤ちゃんの心音を聞くことができるものを見つけたのです。これで不安が少しでも解消できるのなら……と藁をもすがる思いで購入しました。すぐに到着し、ドキドキしながら使ってみることに。

「ザーザー…ドクドク…」聞こえるのは私の血流の音ばかりです。「あれ? あれ?」と使用前よりさらに不安になりながら一生懸命赤ちゃんの心音を探すと「ドクドクドクドク…」と産婦人科で聞いた、聞き覚えのある速い鼓動が微かに聞こえたのです!

少し大袈裟かもしれませんが、思わず涙が出そうなほど感動しました。赤ちゃんの速いテンポの鼓動を聞くと、赤ちゃんも頑張っている、私も頑張ろうという気持ちになったのです。

その後胎動が始まっても出産まで毎日のように心音を聞いていました。
たまに上の子たちにも聞かせると大喜び。お腹の中の命を感じたようです。

我が家でのお役目を無事果たしたものは、今、同じく心配性の後輩の家で大活躍しているそうです。

f:id:akasuguope01:20171212133434j:plain

著者:ゆめさい
年齢:34歳
子どもの年齢:9歳、7歳、2歳

元気いっぱいな3人の子どもたちにふりまわされている?ふりわましている?3児の母です。「明日こそダイエット開始!」と「明日こそ優しく!」が口グセになり早〇年…。日に日に「きれいで優しいママ」からは遠ざかっていますが、たくましい母ちゃん目指して日々精進しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。