妊娠・出産・育児の情報サイト


むくみと腰痛に悩んだ妊娠24週以降。私には入浴剤を使った半身浴が良かった!

f:id:akasuguope01:20170907203808j:plain

妊娠24週にはいり、おなかのふくらみが増してきました。

前にせり出す感じで、おなかが重ぐるしかったです。妊娠線が現れはじめ、胎動はますます強くなりました。

身体が少し動きにくくなりましたが、赤ちゃんが無事に育っている証拠だと思うとうれしくなります。

おなかがグッと重くなったことで、歩きづらくなりました。

今までスタスタと歩いていたのが嘘のようです。一歩一歩がしんどく、気が付くと汗がダラダラ…。

無理をして歩いていると、お腹の張りを感じることもありました。早産のリスクを避けるためにも、動きすぎに注意したいところです。
眠るときも不快を感じるようになりました。あお向けの姿勢がつらく、横向きで寝ることがほとんどです。上側になる足の下にクッションをはさみ、枕を抱えながら寝ると楽でした。

一生のうち何度も経験できないマタニティライフ。とても幸せな時間なのですが、妊娠中はふだんと同じように動けないもどかしさも感じます。

疲れやすかったり、寝付けないなど出産をするために乗り越えなければならない壁がたくさんあることを実感しました。

 



妊娠24週ごろから特に悩んだ不快な症状は「腰痛とむくみ」です。

特に腰痛は本当につらい。部屋を移動するのもひと苦労です。家事が思うようにできなくてイライラしました。

むくみは足がひどかったです。ちょっとスーパーまで歩いて出かけただけで、ふくらはぎから足の甲までパンパンにむくむことも。こんな日々に嫌気がさし、気分が落ち込んでしまった時期もありました。

そんな自分から脱出しようと試みたのが、リラックスできる時間をつくることです。やってみてよかったのがバスタイムを充実させること。腰痛やむくみ対策にもなる「半身浴」をやってみました。

季節は夏だったので、お湯の温度は38度と低めに設定。腕は外にだし、腰までお湯につかりました。上半身が冷えるのを防ぐため、タオルを羽織って入浴します。時間は30分程度です。

全身浴にくらべて心臓への負担が少なく、長湯をする割に楽だったように思います。腰痛やむくみなどに効く入浴剤も入れてみました。すると身体の芯から温まることができ、つらい腰痛やむくみ対策ができて感動ものです。

妊娠前は使用することのなかった入浴剤にハマるとは思いもしませんでしたが、とても楽しいものです。
さまざまな香りやバブルバスにもチャレンジしました。

 

 

私にとってバスタイムを充実させるは、精神的にリラックスするできたのはもちろん、不快症状も緩和できたので、良かったですね。

 

f:id:akasuguope01:20170825173725j:plain

著者:ヤングマン
年齢:37歳
子どもの年齢:3歳、6歳

3歳の娘が幼稚園に入園し、ようやく一息つけるようになりました。自分の時間が持てる幸せを噛みしめている今日この頃です。心に余裕が持てると、育児や家事が効率よく回せる気がします。週末は家族そろって外遊びに夢中です。アラフォーママですが、子どもの元気についていけるよう日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。