妊娠・出産・育児の情報サイト


「マタニティマーク=席を譲ってくださいアピール」じゃない!付けたほうがいい真の理由

f:id:akasuguope01:20170915133741j:plain

見るからにお腹の大きな妊婦さんには電車などで席を譲っていましたが、自分が妊娠するまでマタニティマークを正直そんなに意識したことがなく、今思うと「妊娠初期の方のマタニティマークに気づいていなかったかも」と、反省しました。

そして、妊娠を経験して思ったのは、そんな気づきにくい妊娠初期の方が、つわりなどで外出がつらかったことです。

なのでマタニティマークは見ている側からも気にかけやすく、とてもいいアイディアだなと改めて思いました。

 

しかし、妊婦さんの中にはマタニティマークを付けることをためらう人もいるようです。
私も母子手帳を区役所にもらいに行った時、担当の方から母子手帳の説明のあとにマタニティマークを渡され「一応お渡ししますが、あまり堂々と付けない方がいいかもしれません」と、言われてしまいました。

 

 

そんな堂々と自慢げに付けるつもりもありませんでしたが、そんな言い方をされるとなんだか悲しいなという思いと同時に、配る側が消極的なことにもなんだか違和感がありました。

母子手帳をもらってから初めての妊婦健診。病院の先生から母子手帳をもらう時に何か言われたかと聞かれたので、「
マタニティマークは堂々と付けない方が…」という話をしたら先生はとても怒っていました。

 

マタニティマークを「席譲って下さいマーク」と思っている人が多く、そこから嫌味を言われたりすることがあるそう。マタニティマークは決してそういう意味だけではありません。

「出先で万が一の事件事故が起きた時に、すぐに妊婦とわかってもらえるようにするためのものです」と、病院の先生は言いました

確かに万が一の時にお腹の子を守れるのは私自身なんだと思い、マタニティマークをバッグに付けて外出するようにしました。

 

 

「不妊で悩んでいる方への配慮がない」とか、「妊婦自慢」だとか意見はさまざまですが、万が一を考えて私は付けた方がいいと思います。

マタニティマークを付ける意味について、もう少し分かってもらえる機会があったらいいなと思います。

f:id:akasuguope01:20170914165435j:plain

著者:エイミー
年齢:32歳
子どもの年齢:3歳、1歳

主人とは23歳離れた年の差夫婦です。子供は元気な女の子が二人と、もうすぐ男の子が増える予定です。小さな子供もいてのんびりする時間はまだしばらくありそうにありませんが、毎日バタバタ楽しく過ごしています。子連れOKのレストランや施設を検索して出かけるのが休日の楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。