妊娠・出産・育児の情報サイト


生後9ヶ月の赤ちゃん記録。はじめの一歩の驚きと3回食のスタート

f:id:akasuguope01:20171213094425j:plain

次男が9ヶ月を迎えた頃は、お座りも上手になってきて、遊びたいおもちゃには手を伸ばして取ろうとしたり、離乳食も順調に進んみました。

ある日お尻を上げて何やらグラグラグラグラ……。

顔はニッコニコしているんですが、ひたすらグラグラグラグラ……。

もしかしたら歩くのかも! と思い、私とお兄ちゃんは、次男を目の前に「おいで! おいで!」と呼びかけ。時にはその声に気合が入りすぎて、次男が目をまんまるくしてしまう日もありました。

後日、大好きなおもちゃを目の前に置いてみると、片っぽの手を上げて一歩前へ!!!! 

本人もびっくり!

それからは早いですね。あっという間につかまり立ち。さらにママが見えなくなると泣いてみたりと、とっても赤ちゃんらしくなりました。

そして、9ヶ月の頃には離乳食も3回食になりました。

朝ご飯は蒸しパンとフルーツ、お昼ご飯は白米とふろふき大根、茹でた野菜と野菜スープ、夜ご飯はおうどんと肉じゃが、茄子のお味噌汁、フルーツというかんじで、お野菜中心でした。

大人のメニューをシンプルすれば食べられるようになったので、離乳食作りもとっても楽になりました。

嫌いな食べ物もなく、みんなと一緒に食べているあいだは口にご飯が入ると「おいし♪おいし♪」と頬を叩きながら体を揺らすようにもなりました。

自分のご飯タイムが終わると、パパやお兄ちゃんのことを羨ましそうに見ている姿がまた可愛くて……。だからといって、まだ離乳食中の次男に大人のメニューを与えることはないよう気をつけていました。

長男のときは、母乳が出なかった分離乳食は完全に手作りをしていて、お出かけのときもお弁当を作っていましたが、次男が生まれてベビーフードを初めて使ったときは、便利さとクオリティの高さにびっくりしました。

レバーを使ったドリアやトマト煮込みなど、普段作らないようなメニューがあり、自宅で作るメニューの幅もとっても広がりました。

旅行や早朝出発のおでかけの際にも便利ですし、おかずが少なくてちょっぴり足したい時に、助けてもらいました。

今では、赤ちゃんだけではなく、お兄ちゃんやお姉ちゃんも美味しく食べられる、ベビーフードを使ったアレンジレシピもたくさんホームページ載ってたりするので、とっても身近なものだと思っています。

そんな大きな成長が見られる生後9ヶ月。これからの成長も楽しみです。

f:id:akasuguope01:20171213093709j:plain

著者:まっち
年齢:27歳
子どもの年齢:7歳、1歳

子育ても、仕事も、家事も、遊びも手抜きのできないまっちです。子供にはいろいろな経験をしてもらいたいと思い、興味があることには触れさせてあげられるように日々過ごしています。離婚歴があり、悩んだこともあったけど今の自分がいるのは家族がいるから。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。