妊娠・出産・育児の情報サイト


前年の収入で決められた保育料。時短勤務今の私には本当にイタすぎる金額…

f:id:akasuguope01:20170908061422j:plain

第一子である長女が保育園に入園したときの話です。

我が家の周辺は保育園激戦区。たまたま、近所に同じ会社の子持ちの先輩住んでいて、かねてからこの地区の保育園入園事情を聞いていたため、情報収集を行うなどして万全の態勢でのぞみました。

結果、生後5ヶ月の時、認可保育園の0歳児クラスに入園許可が出ました。子どもと離れるのはさみしい気持ちがある一方、いわゆる「保活」から解放され、ほっとしたのを覚えています。

4月に入園し親子ともに保育園生活にも慣れ始めた6月下旬、事件(?)が起きました。

慣らし保育などがあったため、本格的に会社に復帰し始めたのが5月前後だった私。6月には業務にも慣れ、初めての給料日を迎えました。

そこで明細書を見て驚愕したのです。

今回の復帰は時短勤務の6時間勤務だったため、実質給料がこれまでの3/4になっていました。それは理解していたのですが、私は社会保険料の控除をすっかり忘れていたのです。しかも雀の涙ほどのお給料にはとても痛い金額が引かれていました…。

このときの衝撃は忘れられません。

 



当時住んでいた自治体の保育園の保育料は「前年」の収入で計算されていました。

しかも、私が産休に入ったのは10月頃。1年間、ほぼフルに収入がある状態だったため、娘の保育料はフルタイムでしかも残業までしていた前年の給与で計算されていたのです。
もちろん、入園前に保育料に関して頭をよぎった日もありましたが、「入園させること」が目下の目標だったこともあり、しっかりと収支の計算をしていませんでした。

さらに保育園初年度は次から次へと病気をもらってくるので、まともに通園できません。

そのため、有給休暇もあっという間になくなり、無給での欠勤もちらほら…。雀の涙ほどの給料がまた減り、大赤字の状態に心が折れそうになりながらも、なんとか仕事を続けました。

 



翌年、娘が1歳クラスに進級すると保育料がかなり安くなりました。前年の収入、つまり私が産休から復帰したばかりの給料で計算されたからです。

さらに、1月~4月は収入が0なので、実質8ヶ月分。結果保育料は産前にフルタイムで働いていた頃の半額にも満たない金額でした…。嬉しいような悲しいような、とても複雑な気持ちになったことを覚えています。

「ともかく入園!」という目先のことだけではなく、費用のこともしっかりと考えないといけないんだな…と学んだできごとでした。

f:id:akasuguope01:20170907212453j:plain

著者:ゆめさい
年齢:34歳
子どもの年齢:9歳、6歳、2歳

ギャングエイジ真っ盛りの9歳児、家では甘えん坊なのに外ではかっこつける6歳児、イヤイヤ期ど真ん中の2歳児と毎日わちゃわちゃしながら過ごしています。母歴もうすぐ10年ですが、まだまだ初心者マークを外せそうにありません……。周りのみなさまに助けてもらい、日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。